読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FERRY's game blog

ドミニオンとか アグリコラとか

庭園戦略の最適化に見るドミニオン戦略思考の奥深さ~2:個別戦略検証~

今まであまり庭園やらなかったのですが、自分で記事を書きながら一気に庭園サプライやりたくなってきている今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は、前回に引き続いて庭園検証の第2回、個別戦略の検証です。別に分けなくても良いのですが、だれずに書くには、一回の記事は3500字以内くらいかな?と感じているので、分けてみました。最終回は、個別戦略間の対戦シミュレーションを予定しています。

検証は、前回同様、属州場、屋敷場、4人戦、初手ランダム、番手ランダム、1万回のシミュレートによる結果です。

 

<庭園+工房>

基本セットの中では、代表的な庭園戦略のお供です。前回も見たとおり、木こり単体との性能差は明らかです。青いMSの人が「木こりとは違うのだよ、木こりとは」と吼えている姿が目に浮かびます。対戦相手には、前回登場した庭園鍛冶屋さん(公領を買うタイミングで庭園をカットする鍛冶屋ステロ)に登場してもらいます。

検証結果の前に、庭園+工房での購入アルゴリズムを記しておきます。1)と3)で工房を先行して獲得する枚数(n枚)を調整します。2)と4)は庭園側が多くなると工房が売り切れることがあるので、その場合でも庭園/公領を買い始めるための調整です。6)は5-2スタートで工房-屋敷と買ってしまうと、工房-銅貨の場合に比べて10%程度勝率が落ちてしまうのを防ぐための工夫です。

  1. 工房をn枚以上持っていれば庭園購入
  2. サプライの工房が0枚であれば庭園購入
  3. 工房をn枚以上持っていれば公領購入
  4. サプライの工房が0枚であれば公領購入
  5. 工房購入
  6. 庭園を1枚以上もっていれば屋敷購入
  7. 銀貨購入
  8. 銅貨購入

以下、データが並びますが、ポイントは、庭園側が1人の時、2人の時、3人の時で、それぞれ庭園を買い始める最適な工房の獲得枚数が異なっているということです。冷静に考えれば、庭園にいく人数が多くなれば多くなるほど早目に庭園を確保する必要がでてくるので、工房2枚入れた後は庭園を買い始めないと追いつかないことになります。それにしても、庭園に3人行った時の終了ターン数=9は、凄いですね。

まず、庭園工房1人の場合は、僅差ですが工房5枚先行獲得が最も勝率が高いです。鍛冶屋ステロ側と比べると微妙に不利な感じですが、庭園が2人より多くなった時の振る舞いをみると、大健闘と言えます。

  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房3/引分 = 24.63/ 24.58/ 24.37/ 19.13/ 3.77% (17.2T) 三山 28%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房4/引分 = 23.17/ 24.04/ 23.63/ 22.31/ 3.47% (17.2T) 三山 31%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房5/引分 = 23.88/ 22.52/ 23.71/ 22.69/ 3.59% (17.1T) 三山 33%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房6/引分 = 24.22/ 23.30/ 23.54/ 21.50/ 3.84% (16.9T) 三山 32%

続いて、庭園が2人になった場合は、工房の先行獲得は3枚が最適です。また、ほぼ三山切れで終了となるため、一気に庭園有利に傾きます。

  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房2 /庭園工房3/引分 =  6.24/  5.83/ 38.78/ 42.63/ 2.32% (13.5T) 三山 97%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房3 /庭園工房4/引分 =  4.27/  3.92/ 44.19/ 41.46/ 1.89% (13.0T) 三山 98%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房4 /庭園工房5/引分 =  3.76/  3.85/ 48.03/ 38.47/ 1.73% (12.9T) 三山 98%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房5 /庭園工房6/引分 =  4.15/  4.22/ 44.69/ 41.01/ 1.41% (13.0T) 三山 98%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園工房3 /庭園工房3/引分 =  4.91/  4.78/ 41.50/ 42.55/ 2.07% (13.1T) 三山 97%

庭園が3人になると、脅威の高速三山切れの展開となります。9ターンで終了となると、ちょっとやそっとのステロ戦術では追いつきません。鍛冶屋ステロの代わりに、5-2限定の大使館ステロでとにかく8金でたら属州購入でぶん回っても、勝率はやっと15%程度です。

  • 庭園鍛冶屋/庭園工房2 /庭園工房3 /庭園工房4/引分 =  2.12/ 48.10/ 25.20/ 15.45/ 0.72% ( 9.0T) 三山 99%
  • 庭園鍛冶屋/庭園工房2 /庭園工房2 /庭園工房2/引分 =  2.15/ 29.17/ 29.47/ 29.34/ 0.73% ( 9.0T) 三山 99%

まとめると、自分より先手番の対戦相手が庭園+工房を選択した場合、強力なステロ戦術がある場合でも、庭園を追いかけた方がよいことになります。また、自身がステロを選択した後、後手番の対戦相手に二人以上庭園+工房に行かれると非常にまずいです。民兵などのアタックカードがある場合でも、工房が1枚あれば庭園購入できるので、問題ありません。4人戦の2番手で上家が初手工房をとった場合は、工房追随したほうが良さそうですが、初手銀貨だと、自身が工房+庭園にいくかどうか悩ましそうです。

また、庭園戦で強い動きができるときは、手札に工房と4金があって、庭園2枚を1ターンで買える時なのですが、これを狙って初手工房-銀貨とすると、工房-工房よりも15%程度勝率が落ちます。さらに、工房-工房で入って、二枚とも底になるWorstな場合に対して、オアシス-工房、倉庫-工房という選択肢で保険をかけることもできるのですが、工房-銀貨よりもさらに勝率が落ちてしまいました。

 

<庭園+木こり>

圧倒的な性能差を見せられた方の木こりですが、検証の結果もおおむね想像通りの結果となっています。

まず、木こり1人では、全く鍛冶屋ステロに太刀打ちできません。三山切れが10%程度なので、あにはからんや、です。

  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園木こり2/引分 = 31.20/ 30.90/ 31.12/ 0.50/ 4.17%(16.9T) 三山 10%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園木こり3/引分 = 31.04/ 31.41/ 30/29/ 0.85/ 4.09%(16.9T) 三山 11%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園木こり4/引分 = 30.46/ 31.07/ 31.45/ 0.76/ 4.38%(16.9T) 三山 12%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園木こり5/引分 = 31.40/ 30.28/ 30.75/ 0.76/ 4.59%(16.8T) 三山 12%

次に、木こりが2人の場合ですが、まだまだ勝率は10%程度と、工房とは格差があります。三山切れは75%前後に改善するのですが、ほとんどは木こり&庭園が先に切れて、そこに属州が追いついて、三山切れになっているケースで、木こり側が勝っている場合は、木こり&庭園&屋敷の三山切れになっているケースが多いです。

  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園木こり2/庭園木こり3/引分 = 36.73/ 35.92/ 10.29/ 10.11/ 5.32%(18.7T) 三山 74%
  • 庭園鍛冶屋/庭園鍛冶屋/庭園木こり3/庭園木こり4/引分 = 33.82/ 34.08/ 13.94/ 10.89/ 4.97%(18.5T) 三山 76%

木こりが3人になるとさすがに鍛冶屋ステロより有利になります。ただし、鍛冶屋ステロを中庭ステロに変更すると、庭園3人でも中庭ステロ有利となってしまいます。

  • 庭園鍛冶屋/庭園木こり2/庭園木こり3/庭園木こり4/引分 = 14.83/ 30.65/ 25.77/ 18.40/ 3.14%(14.0T) 三山 99%

庭園のお供が木こりしかない場合、速いステロ戦術に対して庭園を選ばない方が無難といえます。庭園に3人行けば別ですが、上記のような認識を対戦相手が持っていた場合、庭園側が3人になることはないでしょう(4番手が庭園に入らない)。木こりメインで庭園戦略に走る場合は、手先や従者や青空市場など低コストの+購入カードがサプライにないか、民兵や泥棒など、ステロ側の構築を邪魔するカードがないかをチェックする必要があります。

ちなみに、庭園+木こり+手先を回してみましたが、ジェロニモ様が手先を+1購入で使ってくれず、カード枚数のブーストができませんでした。

 

※データ検証には「Geronimoo's Dominion Simulator」(URL:http://dominionsimulator.wordpress.com/)を使っています。

ツールの開発者の方々に感謝いたします。