読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FERRY's game blog

ドミニオンとか アグリコラとか

僕にもできた!コンボドリル! その1 ~弟子ネズミ編~

ネズミ怖い。どんどん増える。ネズミ怖い。どんどん増える。

 

さて、そんなネズミ恐怖症を克服するため、コンボドリルの一人回しをドミラニよろしくやってみることにしました。いわゆるコンボ構築というよりは、”寵臣ステロ+相性の良いアクション”のような趣ですが、弟子+ネズミを中心に、+1枚アクションを追加するケースも含めての練習です。

 

<1>ネズミ+弟子

さて、合計3回まわしたうちの、一番良かった回の流れを以下に記します。

f:id:zFERRY:20131220025536j:plain

ちなみに、フォーマットは単なるエクセルですが、ちゅーちゅーネズミさんの飼育頭数と全体金量を把握するために少し広めのフォーマットを作ってみました。

結果は11ターンで属州4枚。19ターンまでで、属州6枚+公領2枚という成績でした。属州は計7枚獲得したのですが、弟子のドローの為に、一枚犠牲になってもらいました。圧縮で増えたネズミを破棄するのに、単に破棄するだけではあまり旨みが無いので、ネズミの4コストを活かせる弟子や引揚げ水夫、肉屋や改築、拡張、改良などの改築系が良いだろうと思ったのですが、弟子との相性は抜群ですね。

あと二回回した結果は

  • 13ターンで属州4枚。19ターンまでで、属州7枚+公領1枚。(属州獲得は8枚)
  • 16ターンで属州4枚。19ターンまでで、属州6枚。

と、鍛冶屋ステロと対抗できるくらいのスピードは持っていそうです。今回の一人回し全般に言えることですが、最後まで属州を買える体制を取るために、ネズミを多めにいれるようにしていたので、二人戦、四人戦で、もう少し早いゲーム終了を想定する場合には、もう少し弟子の購入枚数やネズミの飼育頭数など、調整の余地はありそうです。

上手くいったケースは、①早目に弟子が複数枚入る。②早目に金貨が入る。と、金量をだしつつネズミ破棄による5枚ドロー体制が整った場合でした。逆に一番遅かったケースは、二枚目の弟子が9ターンまで入らなかったようなケースでした。特に弟子+ネズミのみの場合は+購入がないので、序盤は金貨よりも弟子の二枚目を優先した方がよさそうです。

今回エクセルのフォーマットを作ってみて、このような情報が頭の中に展開されれば、ネズミさんを上手く飼えそうな気がしますが、実戦ではどうしてもネズミの頭数や全体の金量をカウンティングしきれずに失敗するケースが多いです。

 

<2>弟子+ネズミ+手先

次は、もう少しコンボらしく、+購入を追加して、属州2枚買いヒャッハー!を目指したのが、手先を加えたコンボです。

f:id:zFERRY:20131220025558j:plain

一番上手くいったケースで、13ターンで属州4枚。17ターンで、属州8枚獲得してゲーム終了。一枚弟子の餌にしたので、最終的には属州7枚という成績でした。この場合も5ターン、6ターンに早めに弟子が2枚入っており、その後のネズミ破棄を上手く回すことができました。

ちなみに、弟子3枚だと、ネズミを3匹破棄しても15枚ドローですので、必ずしも完全に引き切れるわけではないのですが、弟子4枚体制にするとネズミの餌の銅貨や屋敷が足りなくなってしまいますので、バランス的には弟子3枚がちょうど良いくらいかと思います。

あと二回回した結果は

  • 14ターンで属州4枚。19ターンまでで、属州8枚+公領2枚。
  • 14ターンで属州4枚。19ターンまでで、属州6枚+公領1枚+屋敷1枚。(属州獲得は8枚)

と、3回なのでなんとも言えませんが、弟子+ネズミほどの速度はでないものの、安定した構築ができました。コンボに組み込むと、手先は痒い所に手が届く感じでありがたいですね。手札に手先とネズミしかない場合でも、手先で1アクション+1ドローすることで弟子を引いてきて、”弟子でネズミ破棄”のループが始まったりとか、手先に助けられる場合はよくありました。キャントリップとして使えるので、2金しか出なくて買うもの無い場合にはとりあえず買っておいて、弟子で破棄したりと、ほんとに良い潤滑油になっていました。

 

<3>弟子+ネズミ+木こり

次は+購入に木こりをいれてみます。+2金は出ますが、キャントリップではないところが手先と異なるところです。

f:id:zFERRY:20131220025611j:plain

 一番上手くいったケースで、14ターンで属州4枚。17ターンで、属州8枚獲得してゲーム終了。1枚破棄しているので、最終的に属州7枚+公領1枚という成績でした。

あと二回回した結果は

  • 14ターンで属州4枚。17ターンまでで、属州6枚。(属州獲得は8枚)
  • 属州4枚獲得できず。19ターンまでで、属州2枚+公領2枚。

この属州4枚獲得できなかったパターンは、やはり2枚めの弟子が9ターン目まで入らず。デッキにネズミと銀貨がたっぷり入るような展開でした。セーフティに行くならネズミ+木こりで入らずに、銀貨+木こり、もしくは、銀貨+銀貨ではいる手もあるかもしれません。ただし、その場合はネズミの増殖に時間がかかるので、痛し痒しです。うーん、やっぱり、ネズミ+銀貨がいいのかな。

 

<4>弟子+ネズミ+青空市場

やるまえから、おそらく反則的な強さだろうと予想していましたが、やはり凄かったです。青空市場さん、かっけー。

f:id:zFERRY:20131220025624j:plain

 +1購入、+1ドロー、+1アクション、+1コインと、手先二枚分の市場があればよさそうですが、5コストと高いのがネックです。市場をいれるくらいなら、弟子の追加を優先したいですからね。そこで、市場から+1コインが消えただけなのに3コストと破格のディスカウントであり、さらに廃棄時のリアクションで金貨までもらえてしまうという、恐ろしい青空市場を投入してみました。

結果は、11ターンで属州4枚。15ターンで、属州8枚獲得してゲーム終了。1枚破棄しているので、最終的に属州7枚+公領1枚+屋敷1枚という成績でした。

うーん、凄い。4人戦全員で議事堂ステロとか、四人戦全員で大使館ステロとか、と同等の速度感ですね。弟子でネズミを破棄しても、ネズミで銅貨を破棄しても、手元に青空市場がありさえすれば金貨を獲得できて、24金属州3枚購入もできますし、弟子の餌に困ったときに使ったり、至れり尽くせりな青空市場でした。

あと三回回した結果は

  • 13ターンで属州4枚。18ターンまでで、属州6枚+公領1枚+屋敷1枚。(属州獲得は8枚)
  • 16ターンで属州4枚。19ターンまでで、属州7枚。(属州獲得は8枚)
  • 11ターンで属州4枚。15ターンまでで、属州7枚+公領1枚+屋敷2枚。(属州獲得は8枚)

と、少し速度のバラツキは大きいかもしれません。 

この弟子+ネズミ+青空市場は、金貨もどんどん増えるので、弟子は4枚体制でもよいかもしれません。

 

ここまで4種類のコンボをやってみましたが、全体的に言えるのは、弟子を早目にいれる必要がある。コンボ継続のためなら弟子での金貨切りや属州切りも辞さない。という点が重要であるようです。

 

引き続き、コンボドリルをいろいろ考えてみようと思います。