FERRY's game blog

ドミニオンとか アグリコラとか

[参戦記]ドミニオン日本選手権2019 一日目

こんばんわ、FERRYです。AutoChess面白いですね! あ、間違えた。ドミニオン面白いですね!

本日は、HJフェスティバル内で開催されたドミニオンの日本選手権に参加しましたので、参戦記を書いてみたいと思います。

まずは、毎度になりますが、本年もドミニオン日本選手権を開催して下さっているHJ様に感謝をお伝えしたいと思います。今年は、アメリカのGENCON内でドミニオン世界選手権が開催されないことが発表されたり、2009年ドイツの三大ゲーム賞を総なめにし、その後、カタンプエルトリコなどと並んで、ボードゲーム発展に大きな貢献をしてきたドミニオンも10年の節目を超えて、取り巻く環境がかわりつつあるようです。一方で、パソコンやタブレットのブラウザで遊べる(スマホでも遊べなことは無い)ドミニオンオンラインは素晴らしいデキで、日夜、猛者達がしのぎを削っています。ドミニオンのゲーム会が近場に無い、比較的地方の方も、ドミニオンオンラインで腕を磨くことができますし、腕を磨いて「ドミニオン高まってきたわ~」という方は、是非、来年の日本選手権でお会いしましょう。

以下は、ドミニオンオンライン(公式のサイト)
dominion.games

以下は、ドミニオンプレイヤーの三月類さんが運営されているブログです。
www.sandomi.net


さてさて、では、早速本日のプレイの振り返りを進めましょう。予選は、午前と午後に分かれていて、午前の部に参加してきました。参加者は当日枠の方も含めて72名でした。

1戦目
 屋敷・属州場
 前駆者、玉座の間、民兵、鍛冶屋、山賊
 ピクシー、忠犬、コンクラーベ、聖なる木立ち、呪われた村

 4人戦 1番手 1位 (30(FERRY)-13-26-23)

1番手なので、呪われた村はあるものの、民兵で上から殴って、二周目の5金をできるだけつぶしたい。また、自分がまず民兵に入ることで、場全体を民兵場に誘導したいという思惑もあって、民兵銀から入って、ヤギでデッキを圧縮しながら、コンクラーベ、呪われた村からのコンボを狙います。確実な+購入が聖なる木立ちしかなく、少しパーツが重めなのが逆風ですが、鍛冶屋ステロや木立ちステロに対しては、圧縮進めながら山賊を入れれば止まるだろうという目論見。2番手はピクシー山賊、3番手は銀鍛冶屋、4番手銀民兵だったと思います。
そう、こちらが初手民兵を見せたので、2-5がいても呪われた村を買ってくれるだろうと思っていたところで、不意の山賊でした。冷静に考えれば、初手山賊で金貨を入れながらの鍛冶屋ステロは全然ありだと思うのですが、ヤギが落とされてしまうとお通夜になるので注意が必要です(当たり前のようにフラグ)。
3T目に民兵は手札に無く、銀貨込みの5金が出て、戦争とイナゴだけはめくれないでくれと祈りながら呪われた村を買います。まぁ、12枚中2枚の確率なので、実はそこそこ確率高いのですが、めくれたのは戦争、、、。当然のように破壊される民兵。コ、コレハ、オワタ。と思ったのもつかの間、2番手の山賊でなんとなんと他3人ともヤギが廃棄される悪夢のような展開。
と、ここまでは2番手圧勝の流れなのですが、実は2番手の方はドミニオンを初めてまだ3週間!らしく、その後もヤギで銅貨を圧縮しないなど、迷走しておられました。
その間、こちらは民兵買い直し、木立ち、コンクラーベ、呪いの村、鍛冶屋とパーツを集めていきますが、正直追い付ける気はしませんでした。しかし、3番手も民兵追随してくれたので、民兵3人態勢になり、周りは止まりつつ、呪われた村を2枚入れたFERRYが断然有利な流れに。民兵を打たれた状態で、コンクラーベ呪われた村で5ドローが2回決まったり、その内一回で16金2購入が出たりして、急激に追い上げます。
属州残り3枚で迎えたFERRYのターンで、10金2購入が出た時に、属屋をするか、公公をするかで悩みます。まわりのデッキも金貨が入っていて属州はFERRYの次のターンには回ってこないと判断して属屋しますが、属州は1枚しか買われず、最終的にFERRYが属州を買ってゲーム終了。たなぼたの逆転1位が転がり込んできました。
ヤギが落とされた時はどうなることかと思いましたが、民兵環境になって、勝利点を捨てて、呪われた村で4ドローする。というこちらの想定した展開になったのがラッキーでした。

f:id:zFERRY:20190629113912j:plain


2戦目
 屋敷・属州場
 金貸し、改築、密猟者、祝祭、衛兵
 ゴーストタウン、ネクロマンサー、悪魔の工房、吸血鬼、悲劇のヒーロー

 4人戦 3番手 2位 (30-11-27(FERRY)-19)

ネクロマンサーを上手く使うためのサプライは出題されるかな?と思っていましたが、鉄板の悲劇のヒーローとの組み合わせで、村多目での出題でした。悲劇のヒーローが廃棄置き場に移った後、ネクロマンサーを悲劇のヒーローとして使って、手札が8枚以上だと、ネクロマンサーは廃棄置き場に移ることなく金貨を獲得できるのですね。この動きを実現するための強圧縮に吸血鬼があるので、金貸し銀から入って、2周目に吸血鬼と悪魔の工房を入れるルートをイメージして進めます。
当然、上振れして二周目が5金5金なら吸血鬼吸血鬼が強いのですが、1番手があっさり5金5金。4番手も5金5金。こちらはなんとか5金4金で最低限のノルマの購入は果たせましたが、流石に厳しい流れです。ただ、ネクロマンサーの使い方に気付いていたのは、1番手とFERRYだけだったみたいで、その点はラッキーでした。
金貸しもあるので、完全後追いになる2枚目の吸血鬼は入れず、1番手は悪魔の工房を入れていなかったので、インプを取って対抗していきましたが、インプ4枚は流石に取り過ぎでしたね、、、。またまた吸血鬼の戦争でネクロマンサーを落とされたり、向かい風はありましたが、ゴーストタウンを4枚確保できたこともあって、なんとか1番手の動きについていって2位。
ここまで、1位、2位の滑り出しは上々です。事前の情報ではボーダーと言われていた13点を取るには、次の3戦目で4位を取らないことが重要です。

f:id:zFERRY:20190629130113j:plain


3戦目
 屋敷・属州場
 地下貯蔵庫、役人、庭園、市場、鉱山
 ドルイド、恵みの村、墓地、プーカ、人狼

 4人戦 4番手 4位 (27-21-21-20(FERRY))

この場の4番手はどうなっても厳しいとは思うのですけど、1番手庭園ルート、2番手属州ルート、3番手庭園ルートで4番手庭園ルートを追いかけた自分を小一時間説教してやりたい。さすがに庭園ルート内で1位を取るビジョンが見えないだけではなく、4位を取らないように立ち回らなければいけなかった。庭園3、属州1に分かれた場合、庭園側がおそらく勝って、属州が2位か3位になるでしょう。そして、庭園ルートの中で4番手は頑張っても3位がせいぜい。4位になるリスクも高い。初手は3-6だったので、ドルイド・市場で入りながらパーツ集めて、ドルイドの空の恵みで金貨取りながら墓場で適宜圧縮進めて、恵みの村プーカ人狼で村鍛冶が正解だったのかなーと、帰りの電車の中でもずっと考えていたのですが、コンボに二人行ったら二人行ったで、ドルイド・庭園・恵みの村の三山が早く、より厳しくなるので、ホント4番手はどうするべきだったかわかりません。ドルイドプーカ恵みの村3枚くらいの小さめの村鍛冶か、人狼ステロっぽく動くか、教えてっ!上手い人っ!
ちなみに、デッキは40枚ピッタリでしたが、ここでも戦争で庭園を飛ばされて、庭園は2枚しか確保できず泣きっ面に蜂。
ここで、大会VP1点でも取れていれば予選通過できていたかもしれないので、ルートに確信もてず庭園の三人目に入ってしまったことが悔やまれます。
ドルイドは炎の恵みが出てたので、属州ルートに行くのが良かったんだろうけど、属州ルート二人で、属州5枚以上許容できるデッキを組もうと思うと、結局村鍛冶っぽくなって、パーツががが、、、ってなっちゃうんですよね。やはり、人狼ステロだったのでは?


f:id:zFERRY:20190629134856j:plain


4戦目
 屋敷・属州場
 堀、村、商人、研究所、職人
 追跡者、秘密の洞窟、詩人、悪魔祓い、偶像

 4人戦 2番手 2位 (19-10(FERRY)-5-9)

大会点9点で迎えた第4戦。1位なら抜け確、2位ならNG(ボーダーは13点と思っていた)。という状況で、よりにもよってランプ場、、、。偶像の呪い撒きを助長する職人、追跡者もあるので、序盤でルート選択の見極めに注意しようと思いながらスタートします。
1番手の方は5-2で偶像追跡者。2番手のFERRYは追跡者x2銀。3番手の方は堀追跡者村。4番手の方の初手は忘れました。3番手の方が4T早々にランプを揃えてまず頭を抱え、1番手の方も4Tか5Tには6金だして職人を買っていて、ますます頭を抱える展開でした。
2番手の方は、職人二枚目も入れて、研究所と偶像を集めて、1Tに偶像4枚とかやって着実にリードを広げておられましたし、3番手の方も、ランプ後の願いは研究所を取る引き切り優先の構え。そうこうしているうちに、4番手の方にもランプを揃えられ、しょんぼりのFERRY。もうこうなったら、1番手が1位確な状態で三山が枯れる方向に誘導しつつ、可能な限り得点先行するしかありません。予選通過のための大会VP的には1位条件でしたが、背に腹は変えられません。幸い3番手の方も4番手の方もゲームを終わらせる方向には動いていなかったので、6金で職人を入れた後は、まず研究所と偶像を枯らす方向に動きながら、かなり遅れて取った願い3枚は全て金貨にして、属州公領を買います。
1枚入れた堀が2回ほど呪いをガードしてくれたので、悪魔祓いでデッキを綺麗にする手数も無視して、偶像を枯らし、最後は1番手が村を枯らして三山終了。その時点で何位か確信はありませんでしたが、属州1枚取れている効果は大きく、なんとか2位に滑り込みました。

f:id:zFERRY:20190629150246j:plain


4戦終わって、プレイヤ名と大会VPのみが書かれた結果が張り出されると、予選通過ボーダーは12点で、大会VP12点のFERRYは丁度当落線上でした。その大会VP12点のプレイヤ6人の中で獲得ゲームVPの合計で予選突破がきまりますが、結果、FERRYはあえなく予選不通過。後で確認したところ、6人の中では獲得ゲームVPが一番低く、全体で27位の結果でした。
最終的に、午前は成績上位22名の中から辞退者もなく、そのまま上位22名の方の予選通過が決まりました。

対戦いただいた皆さん、ありがとうございました。予選通過された方は、明日の対戦の御武運をお祈りしています。


今回で7回目のドミニオン日本選手権だったのですが、結果として、通算3回目の予選落ちとなりました。悔しいですね。
 2013 予選 9位、本選42位
 2014 予選50位
 2015 予選12位、本選 2位、ベスト4
 2016 予選免除 、本選22位
 2017 予選36位
 2018 予選23位、本選19位
 2019 予選27位

安定して予選を通過できるくらいの実力をつけられるよう、引き続き精進していきます。


※オートチェスやりすぎじゃね?というご意見も一部にはあろうかと思いますが、オートチェスは悪くないんです。本当です(オチナシ

<おまけ>
ドミニオン日本選手権2019の戦利品
ダイスフォージのプロモいただきました~~。
f:id:zFERRY:20190629161704j:plain

[参戦記]ドミニオン夜の陣2019(03/09) スイスドロー5回戦大会

こんばんわ!FERRYです。

本日は、FERRYが連覇をかけて臨んだ○○の陣大会のレポをお届けします。

○○の陣は、今回で5回目を迎えたそうです。ほぼ春と秋の年2回、定期的に開催されている32人級のスイスドロー大会で、HJ主催の公式の日本選手権を除くと、非公式最大の大会と言えるでしょう。
今回は「夜の陣」と題して、先日日本語版が発売された最新拡張「夜想曲」と基本第2版の組み合わせで行われました。

全くの余談ですが、次の○○の陣は、海外では発売済の拡張「ルネサンス」の日本語版が発売になったら開催されるそうで、○○の陣という呼び名を主催者さんが募集されてました。頭2文字を取って、ルネの陣はNGワードだそうですww 念のため。

atnd.org

回を重ねるにしたがって、いよいよ安定感を増した、運営陣の進行っぷりには、毎回頭が下がる思いです。
今回も参加者に見えている範囲で、以下のような工夫が見られました。

  • プロジェクタによる画面投影
  • 自家製マッチングツール(スタッフスマホからのVP入力+エクストラターン入力で、大会VPを自動計算)
  • 基本の枚数を入力すると自動的に10枚のサプライを組んでくれるランダマイザツール(大会で使ったカードを自動的に除外)
  • これらの情報を、即時運営の専用ツイッター垢でツイート(情報観るために集まらなくて良い。必要な時に何度でも観れる。)

また、卓毎に同じサプライを準備して大会を開く場合、卓の数だけドミニオンのセットが必要な点も、開催のハードルを上げる一因になってしまいますが、今回も参加者有志の持ち込み、および、運営側で準備されたものとあわせて7セットが準備されていました。感謝感謝です。東京近郊住みという環境が、如何に恵まれた環境か、改めて実感した次第です。

主催者のながどんさん、AutoPPさん、運営陣のヤ○ドミの皆さま、ありがとうございました。

さて、振り返りの前に、これまでの○○の陣の成績を振り返ってみます。

春の陣2017 4-3-1-3-1位の大会14VPで18/46位。
秋の陣2017 3-3-4-4位の大会2VPで32/32位。
春の陣2018 3-4-1-1-2位の大会16VPで9/30位。
秋の陣2018 1-1-1-1-3位の大会25VPで1/32位。

前回の優勝は望外のデキでしたが、割と良い時と悪い時とはっきりわかれる傾向があるようです。さて、今回はどちらのFERRYでしょうか? 秋の陣2018と同じ会場で、前回優勝のゲンを担いで、市ヶ谷駅前の富士そばで昼ご飯を食べてから会場に向かいます。

今回は、サプライ読みで考えたことと反省メインで書いていくことにします。

[1回戦]
村 庭園 議事堂 職人 鉱山
プーカ 夜襲 偶像 聖なる木立ち カブラー
家宝: 呪われた金貨

<サプライ読み>
今回のサプライで考えたことは
・呪いの金貨をどのくらい使うか
・庭園ルートか、議事堂ルートか
・庭園ルートの場合、職人、カブラー、聖なる木立といずれもコストが重い点をどう捉えるか
・議事堂ルートの場合は、属州&庭園ハイブリッドをどこまでみるか。
・村と+購入とドローはあるので、コンボを組めるか
です。

まずは、呪われた金貨の存在をどう考えるかがキーかと思います。いまだに、どの程度呪いをもらいながら3金を出すべきか?判断に悩んでしまう夜想曲の中でも難しいカードの一角ですよね。また、合計9金の金量がどう分かれるか?1周目に激しい初手格差を生んでしまうカードでもあります。また、2周目のデッキが13枚になることによる、底沈み率の変化など、従来のサプライとは勝手が変わってしまう点で、慣れが必要かなと思います。また、鉱山があるので、呪いの金貨を早目に金貨へ改築してしまう手も取れますが、鉱山と呪いの金貨が同時に手札に来る可能性はそれほど高くないので、職人を使って上手く噛み合わせたいところです。また、その後の鉱山がどの程度有利を取れるかは未知数かなと思います。
庭園側は職人、カブラーなど、比較的高コスト帯のカードを使う必要がありますが、呪いの金貨で配られる呪いが自らのデッキを太らせるシナジーをもつので、遠慮なく呪いの金貨を使って、職人、カブラーを獲得しやすいという面があります。三山を枯らすならば、庭園以外に枯れるのは、公領、屋敷、偶像あたりが候補になるかと思いますが、少し骨がおれそうです。
一方、議事堂ステロ側は呪いを極力入れたくないので、呪いの金貨を使うタイミングをシビアにケアする必要がありそうです。極端に言えば初期デッキに銅貨6枚しか入っていないようなものですが、呪いの金貨込み6金と3金に分かれていれば、銀銀から5金を狙うことも、呪いの金貨込み6金で職人を購入して、2周目に議事堂を入れる方法もとれます。呪いの金貨込み5金と4金に分かれた場合は、議事堂、銀貨と1周目で議事堂を入れることはできるのですが、3ターン目に打てないと底沈み確定でもあるので、できれば6金を出したいところです。いずれにせよ、呪いの金貨を引いても使わないターンでは呪いと変わらないので、通常の議事堂ステロよりも速度(と点数)の低下は避けられないでしょう。
また、議事堂は購入を出せるので、属州を買いながら、庭園をカットする、属州&庭園ハイブリッドを取りやすい状況でした。

以上のことから、議事堂メインでいって、庭園ルートがいれば、庭園カットで対抗しようと基本方針を決めます。コンボは議事堂を入れざるを得ず、議事堂ステロ側を加速させてしまうので、とても間に合わないのではないか?という見立てでした。

さらに、議事堂ルートに行く場合は、金貨を買うのか、偶像を買うのか問題があります。炎の恵みで呪いを廃棄したり、対議事堂ルートに対しては、1ターンに2枚以上の偶像を使って呪いを撒くのが強いですが、庭園ルートに対しては、ややもすると庭園の点数を1点上げてしまうことにもなりかねないので、難しいところです。また、議事堂側が呪いを撒きあうことで、議事堂側のスピードが遅くなってしまって、より庭園ルートの点数を伸ばしてしまうジレンマに悩んでしまいます。まぁ、デッキが厚くなりがちなサプライでもあるので、6金なら金貨、5金なら偶像を買う心づもりでいこうと思います。

<展開>
全員が初手6-3に分かれて職人が入る展開でしたが、そこから、庭園一人、議事堂一人、議事堂コンボ二人に分かれて、庭園、偶像、村の三山終了となりました。議事堂コンボルートに二人いったために、思いの外、村の枚数が早く減ってしまい、かつ、偶像で呪いが撒かれあったために、議事堂ステロも速度が出ず、2位で終了。結局属州は1枚しか買えず、呪いを6枚喰らって、庭園は3枚、屋敷4枚の13VP止まりでした。
途中から職人でも庭園を取ってしまっていたのですが、途中カブラーを取ってしまったターンがあって、そこは議事堂2枚目だったなというところです。呪いの金貨も3回使ってしまっていたので、その判断が正しかったのかどうかは要検証というところですね。


[2回戦]
魔女 祝祭 家臣 金貸し 地下貯蔵庫
ゴーストタウン 愚者 呪われた村 守護者 羊飼い
家宝: 幸運のコイン 牧草地

<サプライ読み>
今回のサプライで考えたことは
・魔女&守護者鉄板っぽい
・呪いの配られる場で、幸運のコインがある場合の、金貸しの扱い
・荒場で不要カードが多くなる場での愚者の扱い
・強力な格差製造カード羊飼いの扱い
・その他のカード
です。

まず、曲者の守護者というカードです。購入してすぐに使えるので、5-2、2-5だけでなく、3-4でも、初手守護者-魔女できてしまいます。まぁ、FERRYは4-3でしたがね。記憶が確かならば5-2、2-5は誰もいなかったものの、一人だけ3-4で守護者-魔女されていました。
そこで、金貸し銀で入るか、銀銀で入るかなのですが、FERRYは金貸しを入れることが多いです。荒場でデッキ1周で銀貨1枚余分に入る効果は大きく、手札2枚が呪いか緑だった時に、銀銀銅で公領が買える効果は大きいとの考えによります。また、守護者があってそれなりに呪いガードができそうな環境では、呪い公領屋敷の三山ではなく、属州枯れでゲームが終了しそうなので、銀貨密度を上げる方向で考えます。実際、FERRYを含めて、3人金貸しを買っていたと思います。
次に愚者です。BOONのめくれ運はどうしようもないところがありますが、ウィルオーウィスプや、銀貨獲得、1枚廃棄などが出れば強いですし、一人が独占して森の迷子を打ってしまうと、かなり大きなアドを取ることになるので、2周目の5金率を犠牲にしてまで、初手から買う必要はないものの、ある程度デッキが厚くなった頃に差したい感じです。
羊飼いについては、普通に考えれば、呪いが配られて緑密度が落ちるのであまり活躍する未来がみえず、買う必要ないのですね。また、2周目の5金率の観点でも、三月さん、AutoPPさんのブログに乗ってすらいないくらい5金出したくて取る手ではないですね。でも、買ってしまったんだなぁ、、、。
  ドミニオン、山札2週目の確率 - 三月類がドミニオンするんじゃないかな
  Re: ドミニオン、山札2週目の確率 - autopp.md
その他のカードについて、呪われた村は2ドローの後、アクションを引いてしまった時に真価を発揮しますし、地下貯蔵庫とも微シナジ-なので、出来れば入れたいところですが、デッキが太る環境で噛み合うかどうかは運しだいというところで、今回FERRYは入れませんでした。祝祭も呪われた村と微シナジーですが、噛み合うかどうかは以下同文。
なので、金貸し銀から入って、魔女2枚くらいと、守護者枯れるまでに最低2枚は確保して、後は早目公領を意識して立ち回る方針です。

<展開>
上述の通り、何を間違ったか羊飼い銀ではいった後、4金金貸し、魔女打たれるのを見越して3金守護者と進みます。あれ?何か沈んだりしましたかね?その後、魔女を入れて進めますが、2周目に入れた金貸しは2回ほどしか使えず。返す返すも、初手金貸し銀で入るか、銀銀で入っておけば良かったと反省。羊飼いは4枚ドローするような場面もありましたが、緑濃度が多少あがる中盤以降に入れていれば十分という感じでした。
そんな展開だったにも関わらず、このゲームでは1位を取れたのですが、他のプレイヤのデッキシャッフルと魔女を打ったか否かのカウンティングをしながら、守護者を足していって、上手く呪いガードできたのと、早目に公領を買い始めて公領5枚取れたことが勝因だったかと思います。公領の枚数は、他のプレイヤが呪いの森を買っていた手数で公領を買った分、差が開いたのかなと思います。


[3回戦]
山賊 研究所 改築 密猟者
忠犬 秘密の洞窟 暗躍者 吸血鬼 人狼 恵みの村
家宝: 魔法のランプ

<サプライ読み>
今回のサプライで考えたことは
・引き切り組むのが強そうで、吸血鬼での圧縮が最優先。
・マウント取れるなら、16金2購入も視野。8金+山賊で獲得した金貨を改築して属属でも可。どのみち改築は入るので、形が崩れた時の汎用性は後者の方が良さそう。
・恵みの村と研究所の枚数が欲しい。恵みの村は屋敷改築、研究所は吸血鬼で取りたい。
・一方で、魔法のランプを揃えることが重要。どの6種類を集めるかを考える必要がある。
・みんな同型コンボなら、三山が速そうなので、三山意識大事。
です。

引き切り組めるところまでいけば、同時に魔法のランプも6種達成していて、勝利点でも先行しているはずで、デッキ構築で遅れた場合は、偶然でもいいからランプ6種を揃えられるように優先度を上げて、大願パワーで逆転して、ちょうど三山で終わらせられる都合のいい展開を期待する感じで考えました。
吸血鬼を買うために5金を出したいものの、ランプ6種に貢献しないカードは極力いれたくない。また、引き切る過程で恵みの村の枚数は欲しいので、改築は早い手順でいれたい。ということで、4-3なら、改築の相方をどうするのかですが、改築銀か、改築秘密の洞窟の何れかが有力です。5金を出すなら改築銀の方が良いのでしょうが、改築の底沈みや、改築ニートを避けるためには、改築秘密の洞窟の方が良さそう。ということで、初手は改築秘密の洞窟としました。5-2であれば、吸血鬼忠犬になるのでしょうが、圧縮が1周早くなる分、有利をとれそうです。
ランプの6種類は、ランプ銅貨恵みの村研究所秘密の洞窟の5種に、展開によって忠犬か密猟者か銀貨が入る感じと想像。吸血鬼2回目まで遅れたらここに人狼が加わる感じですかね?

<展開>
この卓は、全員改築秘密の洞窟だったのですが、FERRYのみ2周目で5金がでず、お通夜でした。さらに、屋敷改築で作った恵みの村をHEXで廃棄されて、虚無に磨きのかかった一戦でした。最後は、恵みの村、研究所、秘密の洞窟の三山枯れで4位終了。なんか、この卓だけ異様に早く終了していた気がします。
自分のデッキの成長推移はおいておいて、勝った方のデッキが自分が作りたかったデッキだったのと、場の展開を戦前に想像できていたので、ゲーム的には楽しい1戦でした。


[4回戦]
書庫 堀 工房 鍛冶屋
ドルイド 迫害者 修道院 ピクシー 悪人のアジト コンクラーベ
ドルイドの恵み: 海の恵み 風の恵み 空の恵み
家宝: ヤギ

<サプライ読み>
今回のサプライで考えたことは
・ヤギ+ドローのステロは大正義
・ドロソ1枚目は鍛冶屋安定。2枚目は書庫が理想的だけど、鍛冶屋でもやむなし。
・3ターンに鍛冶屋打って、金貨を買えた人が勝つ
・ヤギ+ドローのステロは大正義
・でも、中盤以降、ヤギで何を圧縮するかはよく考える必要あり。
です。

大事なことなので、2回書いてみました。「アクション事故を起こさず、アクションを消費せず、1金産み出す圧縮」。ステロスキーも、コンボスキーもみんな大好きメーメーちゃんです。
ヤギ場のドローステロは爆速を叩き出しますし、4金で買える+3ドローの鍛冶屋くんは超優秀なドローソースなので、工房でパーツ集めが可能とはいえ、村がコンクラーベしかない状況だとコンボは苦しいと言わざるを得ません。
ドロソは1枚でもいいのですが、底っただけで脱落しかねませんので、4金、5金のターンがあれば、鍛冶屋か書庫を入れたいところです。でも一方で、ヤギで薄くなったデッキにドロソを2枚投入すると事故る確率は上がるので、リスクとリターンを考慮して選択する必要があります。まぁ、鍛冶屋を沈ませなければいいだけなので、鍛冶屋との強い絆が試されます。
また、属州3枚を分け合ってゲーム終了の可能性も高いので、屋敷1枚だけは廃棄せずに残しておく手も考えられます。このゲーム、FERRYは1番手だったのですが、1番手は1回多く手番が回ってくるなら屋敷残しておく必要は無いとも言えますし、同点だと後手番の勝利になるので屋敷を残しておいて保険をかけておきたいという考えもあります。

zferry.hatenablog.com


<展開>
四人全員鍛冶屋銀でしたが、3ターンに鍛冶屋を打って金貨を購入できたプレイヤの勝利でした。うーん、しょうがない。
1番手のFERRYは屋敷1枚を残す選択肢をしました。なおかつ、ゲーム終了もFERRYだったのですが、3ターン金貨購入には勝てず。4番手プレイヤとも同点で手番差で3位となりました。
鍛冶屋、銀貨、銀貨、金貨、鍛冶屋、金貨、属州、属州、屋敷、属州の10ターンだったと思います。


[5回戦]
市場 礼拝堂 前駆者
墓地 取り替え子 悪魔祓い 悲劇のヒーロー 夜警 ネクロマンサー 悪魔の工房
家宝: 呪われた鏡

<サプライ読み>
今回のサプライで考えたことは
・銅貨購入→悪魔の工房で墓地獲得手札4枚廃棄→墓地取り替え子と交換で、4枚廃棄できる。
・礼拝堂+悪魔の工房で入って、3ターンと4ターンにそれぞれ引いて来れば、差し引き7枚廃棄できる。
・被っても礼拝堂で3枚廃棄→悪魔の工房で金貨獲得できる。
・取り替え子で金貨量産できる。
・同系構築になった時に、終盤のデッキの安定性を担保するために何をすればよいか?
です。

上に書いてしまっていますが、礼拝堂-悪魔の工房が強すぎて、購入のついた+3ドローの悲劇のヒーローというカードも噛み合い過ぎていますね。礼拝礼拝だと逆に金量を上げていくのに時間がかかり過ぎてしまいますし、礼拝堂底沈みのケアに前駆者をいれるくらいなら、礼拝堂-悪魔の工房で十分なので、初手は礼拝堂-悪魔の工房で十分かなと思います。
特にこのサプライでは、悪魔の工房が単体で金貨を獲得できたり、墓地獲得で廃棄できて、なおかつ、墓地を取らずにそのまま取り替え子に交換できるとか、性能が高過ぎました。
最後の同系構築で終盤の安定性を担保するのに、悪魔の工房でインプを獲得してみましたが、悲劇のヒーローがお亡くなりになってしまったので、これは良いアイデアではありませんでした。途中前駆者をとっていたり無駄なターンがあったので、そこは最後まで取り替え子→金貨を選択して、悲劇のヒーローで15金(属公)か18金(属属)出すのを狙った方が良さそうでした。

<展開>
礼拝悪魔の工房の上家が、3ターン、4ターンに連続廃棄を決める理想的な展開。一方、こちらは、3ターン目礼拝堂4廃棄(銅銅屋屋)するも、4ターン目の手札に悪魔の工房は無し。ここで、3金で夜警を買って、山札を操作して礼拝堂と悪魔の工房を確実に手札に揃うようにして、次のターン礼拝堂で3廃棄、悪魔の工房で金貨獲得しました。この時、デッキは礼拝悪魔工房金貨獲得(夜警銅銅銅銅銅屋)から3枚廃棄。4ターンに夜警の代わりに取り替え子を購入していれば、次のターン礼拝悪魔の工房が揃った場合、廃棄+金貨獲得で、デッキは礼拝悪魔工房金貨獲得(取り替え子銅銅銅銅銅屋)から3枚廃棄。揃わなければ銅貨購入悪魔の工房で墓地経由で廃棄して取り替え子交換なので、デッキは礼拝悪魔工房取り替え子銅貨(取り替え子銅銅銅銅銅屋)から4枚廃棄。こう考えると、夜警の一手は下ぶれ余地を無くすという意味でも正解だったかなと思います。
この後、悲劇のヒーローを入れながら、取り替え子で金貨マシマシしながら属州を買っていったのですが、2周目で7枚圧縮の上家にはかなわず、1点差で2位に終わりました。


というわけで、
夜の陣こと、春の陣2019は、2-1-4-3-2位の大会13VPで13/28位でした。
欲を言えば、もう1回勝ちたかったところですが、大会の緊張感を思う存分味合わせていただきました。
今年になるか来年になるかはわかりませんが、日本選手権のレギュレーションが、基本2nd+夜想曲になることは十分にありえる話ですので、特定の拡張との組み合わせの経験値を積めるという意味でも、非常にありがたい大会でした。

また、今回の優勝は、ドミニオンブログ「ドミニオンの日々」でお馴染みのヒロタシさんでした。おめでとうございます!!

hirotashi-domi.hatenablog.com


では、ドミニオン2019日本選手権の無事開催と、ルネサンス日本語版の発売、そして、○○の陣の年内開催をお祈りしながら、今後もドミニオン遊びつくしていきたいと思います。

みなさま、お疲れ様でした。

[参戦記]ドミニオン秋の陣2018(11/10) スイスドロー5回戦大会

こんばんわ、FERRYです。

秋の陣が来るまでは、界隈は夏真っ盛りだぜぃ。というわけで、めでたくも開催されました、4回目を迎える○○の陣シリーズ、ドミニオン秋の陣2018。

今回は、なんとなんと優勝を勝ち取りました!嬉しい~~~!
基本帝国のしゃべドミスイスドロー優勝に続いて、日本選手権本選ライクな32人のスイスドロー5回戦での優勝は、筆舌に尽くしがたい嬉しさです。ドミニオンやってて良かった!
最近お世話になっている東ドミリーグで、最上位のリーグ(Colony)に手がかかったこともなく、2部(Province)と3部(Duchy)を行ったり来たりしていることからもわかる通り、実力的にはまだまだトップ層との壁は厚いですが、今回の優勝という結果を自信にかえて、上を目指していきたいです。

また、改めて主催のながどんさん、Autoさんを始め、運営チームの皆さん、ありがとうございました。当たり前のように享受してしまっていますが、プロジェクタを使った大会概要の説明、ツイッターでのサプライや卓分けの効率の良い情報展開、自前のツールを使ったマッチング~結果集計、大規模大会におけるサプライの準備と工夫など、今回も水も漏らさぬ盤石の運営には、感謝の言葉しかありません。


さて、レポの方です。もはや周知の事実ではありますが、大局観とわずかなカウンティングを頼りに戦っているFERRYのレポには、緻密な構築を実現するために必要な購入手数の高度な効率化や、プレイヤ間のインタラクションを読み、購入で会話するようなゲームの機微は多くの場合実装されていません。でも、ボードゲーム楽しい、ドミニオン楽しい(時に苦しい)ということについては、饒舌に語っていきたいと思っています。願わくば、大会の臨場感を感じていただいて、一人でも多くの方の楽しいドミニオンライフにつながりますように。

<ラウンド1 四人戦>
礼拝堂 庭園 書庫 職人
願いの井戸 鉱山の村 偵察員
バザー 引揚水夫 策士

テーブル5、3番手、1位。(1番手から21-19-24(FERRY)-17)

職人引揚水夫がいるので、バザー3枚と職人で獲得する5金のカードを引揚水夫で廃棄して、毎ターン属州を獲得する策士ループが組めそうですが、6金で職人を獲得するまでの引きに速度が左右されそうです。また、書庫があるので、策士ループを組まなくても、同じことができそうですが、ちょっと事故が怖いかなと。純粋書庫ステロは分散が大きいけど、廃棄しない屋敷差で勝つイメージ。
1番手~3番手が25(52)を引いて、1番手と2番手は礼拝バザーでした。3番手のFERRYは礼拝書庫で入ります。手番的に、パーツ集めにしても、勝利点獲得にしても不利が予想されるので、礼拝で1~2回圧縮かけて分散を抑えた書庫ステロを選択しましたが、引きだけで勝った感じでした。
3Tに礼拝堂で銅銅屋屋を廃棄できる強い動きから銀貨金貨を加えた後の5金。ギリギリバザーを加えられるタイミングでしたが、1番手も2周目礼拝堂で銅銅屋屋廃棄を決めていたので、初志貫徹で2枚目の書庫を加えます。もう一度、礼銅銅銅屋の手札を引けたのがヒキツヨでした。2枚目の金貨を入れた後は、毎回書庫が手札にくる理想的な流れにも恵まれ、4ターン連続で属州を購入して、11ターン決着でした。
1番手は職人無しのバザーバザーバザー書庫+お金で属州を買う綺麗なデッキでしたが、属州残り2枚の状況で、最後の11ターンに事故って公領購入したのもFERRYにとって追い風でした。自分の手番で最後の属州を枯らしてゲーム終了。
こうして振り返ると、かなりラッキーが重なった上で勝てたのは間違いないところですが、回ったらどうしようもないところもあるステロ系の戦術で、その超上振れが来た、という感じだったかと思います。

最終デッキ;書庫x2、礼拝堂x1、金貨x2、銀貨x1、銅貨x2、属州x4


<ラウンド2 四人戦>
交易路 石切場 司教 造幣所 隠し財産 銀行
大学 使い魔 ゴーレム 弟子

テーブル2、2番手、1位。(1番手から36-68(FERRY)-30-28)

ドロソが弟子しかないので、大量ドローのために造幣所で廃棄材を稼ぎながらデッキをクルクル回す形を目指します。引き切れれば余剰金量の出やすい場ですが、22金2購入の形にするには交易路が必要なので、造幣所と併用するにはアクションを出すために大学かゴーレムが必要。ということで、使い魔の為だけであればポーションは買いたくないところですが、その後も使い道があるため、積極的に使い魔を入れる方向で、銀ポーションから入ります。無事2周目に銀使い魔と購入した後の5T目に素の銅貨5枚で造幣所を購入します。弟子で銅貨を切る形は弱いので、結果的には早い段階で造幣所を入れられたことが、勝負の分かれ目だったかと思います。
途中呪いの廃棄のために交易路を入れるか、司教を入れるかで悩んで、その時点で勝利点が買われていなかったこともあり、1金の出る司教を入れたのですが、流石に他プレイヤへのメリットが大きいので交易路で良かったですね、、、。途中、山札にアクションが無い状態で大学で獲得した造幣所をゴーレムでサーチして弱い山を流しながら白金貨をコピーしたり、安定してデッキを回すことができました。
最後、三山も枯らせるタイミングで、VPを稼いでおくために植植しましたが、そういえばゲームVPはタイブレークに使われないレギュレーションだったことを思い出して、次のターンで終わらせました。同卓した方には「舐めプかよ」と思われてしまったかもしれません。失礼しました。

最終デッキ;弟子x2、ゴーレムx1、造幣所x1、大学x1、交易路x1、石切り場x1、白金貨x4、金貨x2、隠し財産x1、銀貨x3、植民地x6、公領x1、VPトークン 5VP


<ラウンド3 四人戦>
占い師 馬商人 収穫 豊穣の角笛
公爵夫人 よろずや 埋蔵金 地図職人 宿屋 街道

テーブル1、4番手、1位。(1番手から17-23-24-32(FERRY))

よろずやステロに行くか、角笛コンボに行くかですが、角笛で属州をまとめ取りする形も、街道を並べて馬商人でBuyを出して属属する形も、ドローも銅貨圧縮の手段もが無いので流石にツラそう。宿屋があるので、パーツが集まった段階で山札にアクションを詰め込みなおしてビッグターンを作ることはできそうですが、どちらにしても街道の枚数は欲しいので、コンボに3人行くと共倒れになりそうです。
1番手は「先にルート示したくない~」と苦悩しながら4金で馬商人購入。2番手は5-2を引いてしまったようで、悩みに悩んでよろずやパス。3番手は馬商人占い師(銀だったかも)。4番手のFERRYは銀よろずやと購入します。
ここからが苦難の連続。3T目銅銅屋屋屋でパス、、、。4T目はよろずやを打てて金貨購入。そして、5T目で銀銅屋屋屋。延々屋敷が切れません。これはイカンと、2枚目のよろずやを入れた後、初の屋敷廃棄チャンスでは屋敷を廃棄し忘れる。という意味不明のミスをして、どんどんゲームが長引きます。同じくよろずやステロルートの2番手も、2周目底沈みから苦しい立ち回りな上に、3番手の占い師がデッキを流し続け、8金のターンが奪われます。早目に属州を減らしておきたいよろずや組としてはかなりマズい状況です。
最終デッキに銀貨10枚入っているのを見てもわかる通り、展開としてはグダグダでしたが、それでもコンボ組もビックターンを作るのに苦戦しており、最終的には逃げ切ることができました。
途中、銅貨疑似圧縮のために地図職人を入れたのですが、占い師が打たれた後は勝利点を引いてしまうので、これは悪手でした。

最終デッキ;よろずやx2、地図職人x1、金貨x4、銀貨x10、銅貨x7、属州x4、公領x2、屋敷x2


ここまで、3戦終わって1-1-1位の大会18VPと完全に確変来てました。全体2位の点数が15VPなので、次勝って4連勝すれば、1位の回数が多い方を上位とする大会レギュレーションからも、優勝が決まります。千載一遇のチャンスなので、ここはしっかり勝ちきって、外乱要素の多いイベントランドマーク有のラウンド5の前に優勝を決めたいところです。

<ラウンド4 四人戦>
行進 襲撃者 地下墓所 ネズミ ゴミあさり 救貧院
伝令官 名品 予言者 パン屋

テーブル1、2番手、1位。(1番手から25-30(FERRY)-20-16)

パン屋場なので、初手でどの5金を取るか、重要な選択を迫られます。1番手から、予言者、銀(FERRY)、予言者、地下墓所と進んで、最後にルートを選べる立場になりました。予言者が二人見えているので、地下墓所名品ルートに行けば、2着は固そうです。その場合、呪いは5-10-5-10。予言者二人だと呪いを撒き切らない可能性もあります。デッキが厚くなるので、地下墓所は2~3枚入れることになりますが、ルート内の優劣は引き運(事故らない、沈まない)と公領タイミング次第。一方で、3人目の予言者にいけば、呪いを配るスピードが上がるのもさることながら、4番手の3周目のデッキに呪いが入る期待値も上がるので、地下墓所ルートに対しては大きく優勢を取れそうです。その後は、予言者先入れの地下墓所名品ハイブリッドにいくか、パン屋を入れてトークンの力で8金出すか、どちらにいっても良さそうです。ということで、かなり悩みましたが、FERRYの選択は予言者でした。
2周目のお金の出方によって、次の選択を決めようと思っていましたが、予言者打ちながら銀購入、の返しが4金だったので、ハイブリッドは諦めて、ゴミあさりを入れてパン屋トークンで属州を目指す方向に。ゴミあさりは呪いが枯れるまでは予言者、呪いが枯れてからは金貨を置いていました。
トークンは属州を買うために温存する以外は、金量の無駄なく購入を進めていきます。ゴミあさりは2枚入れていますが、残り山札によっては、山札を流さずに捨て札の金貨をトップに持ってこれるのが強いと思っているので、通常よりカウンティング重視で、買えれば勝てるだろうという最後の属州を買って終了。
ちなみに、同じ予言者で入った1番手は地下墓所名品ハイブリッド、3番手はネズミを入れてちょっと迷走しておられた様子でした。荒場の行進ネズミは魅力的に見えるのですが、どんどんネズミが増えるので、弟子や改築や引揚水夫など、ネズミを有効利用できるカードが他に無いと、厳しいですね。

最終デッキ;ゴミあさりx2、パン屋x1、予言者x1、金貨x4、銀貨x3、銅貨x7、属州x3、公領x4、屋敷x1、共同墓地x1、草茂る屋敷x1、呪いx7

これで、4連勝。長年ドミニオンをやっていますが、大きな大会でタイトルを取れたことは素直に嬉しい!大会では、やったことのある構築をしっかり回すことを心がけていますが、長年の経験の積み重ねが実ったと思うと、嬉しさもひとしおです。
結果を見返していて気が付きましたが、この4戦の間、手番に関わらず、全てのゲームでFERRYがゲームを終わらせていて、下家にターンを回すと逆転されていたケースもあったでしょうから、その面でもツキはあったなーと思います。
ここまで来たら、全勝優勝したい! 大いなる野望を胸に、ラウンド5に臨みます。


<ラウンド5 四人戦>
騎士見習い 呪いの森 ワイン商 掘出物 遠隔地
陣地 御守り 庭師 資料庫 大君主
寄付 列柱

テーブル1、1番手、3位。(1番手から25(FERRY)-28-27-4)

実は寄付は好きなイベントだったりします(1番手を引いた時はなおさら)。中盤のランダム要素が減る分、展開を読む力が存分に試されると思いますし、寄付戦で勝てた時は本当に嬉しい。今回は庭師があるのと、ランドマークに列柱もあるので、途中トークンを稼ぎながら、三山タイミングを見極めるような戦いになると予想されます。
初手は5-2で、どう考えても御守りだろ!という場面で、魔が差してワイン商を買ってしまいます。チャンピオンからワイン商を並べるパターンを想定したのですが、御守りがあるので、後から庭師+ワイン商などの形で取れば良かったですね。反省です。
また、3金~4金帯にキーカードが無いので、ウォーリアロックは怖くないのですが、ドローにウォーリアを使うか、呪いの森を使うか、陣地を使うか、あまり明確にイメージしないまま、スタートしてしまいました。5-2の2で騎士見習いを買って、金量の補充はトレジャーハンターの銀貨購入、または、ヒーロー財宝獲得で増やしていく算段です。
列柱点を稼ぎながら、ドロソ用にウォーリアを確保するために騎士見習いを購入していきますが、流石に冗長でした。御守りと庭師をかき集めて、ドローは呪いの森に任せるのが一番早かったかなと思います。
終盤、庭師を3枚貼った状態で、遠隔地3枚、屋敷一枚を購入。12VPを得ますが、すでに切れていた庭師以外の残り二山を遠隔地1枚、ワイン商2枚にしてしまったのが、大きなプレミでした。19金4購入出ていたので、勝利点17金になるように調整したのですが、時間切れも迫っていたので、同じやるなら公領3枚、屋敷1枚にすべきでした。属属屋だと、獲得勝利点は同じですが、ワイン商がデッキに戻りません。デッキ1枚厚くなる分は、時間切れであと1ターンしか回ってこないことを思うと、明らかに間違いでした。
今回、3番手がゲームを終わらせるために、遠隔地1ワイン商2を購入して終わったのですが、FERRYが公領+屋敷でVPを稼いでいた場合は、3番手の購入も変わってくるでしょうから、1位にはなれなかったかなと思います。ただ、プレミはプレミなので、次回同じような展開になった時は気を付けなければいけません。

最終デッキ;遠隔地x4、庭師x3、ワイン商x2、チャンピオンx1、ウォーリアx2、騎士見習いx1、陣地x1、御守りx1、金貨x1、銀貨x3、屋敷x1、VPトークン20、遠隔地VP4(4枚中3枚は未配置)


さて、5戦終わって、全体成績は1-1-1-1-3位。大会VP25点で堂々の優勝でした。
実力以上の望外の結果ではありますが、チャンスが来た時にそれをつかみ取れるだけの下地を作れていたという意味では、しゃべドミや東ドミリーグや、一緒に対戦の機会を積み上げて、感想戦での振り返りを共有していただいた方々にも感謝感謝です。日本選手権2015のファイナリストになったことも含めて、大会の日にピンポイントで上振れが合うことに理由があるのか定かではありませんが、強くなるために始めたこのブログが血肉になっていると信じたいです。

改めて、主催のながどんさん、Autoさん、運営チームの方々、対戦いただいたみなさん、お疲れ様でした。
主催の「春の陣やるやで~」宣言も飛び出していましたので、是非秋春連覇(ニッコリ)できるように精進していきたいと思います。

FERRY@V沼からの脱出リハビリ中でした。

[参戦記]ドミニオン日本選手権2018 二日目

さて、引き続いて、本選二日目のレポです。
ここ最近、東ドミリーグに参加させていただいて、弱いながらも拡張ごちゃ混ぜのランダムサプライで研鑽をつんできましたので、なんとか良い結果を得たいものです。

1戦目
 屋敷・属州場
 地下貯蔵庫、金貸し、役人、鍛冶屋、祝祭
 大広間、鉄工所、偵察員、公爵、改良

 4人戦 3番手 1VP 4位

このサプライを見て、村鍛冶コンボ対鉄工所公領公爵かな?と決めつけてしまったのが、そもそもの失敗でした。1番手と2番手は鉄工所銀、4番手は大広間鉄工所、5-2のFERRYは改良地下貯蔵庫でコンボルートへ。事前の見立ては、公領公爵二人、コンボ二人なら、公領公爵側は公領5公爵4屋敷3の38点。コンボ側が属州6公領1で39点あたりでちょうど拮抗しそうですが、それ以外にも鉄工所の三山加速で属州取り切れないうちにゲームが終わってしまう可能性もあったので、公領公爵有利かなと感じていました。しかし、初手5-2から公領公爵に行くのは遠回り、かつ、公領公爵ルート内でアドをとれなさそうなので、意を決してコンボルートに。
まわりの三人は公領公爵に行きそうなので公領4公爵4屋敷3で31点に対して、一人コンボならば属州5以上を取る必要があるので、とにかく圧縮を早く進めながら、パーツ集めの手数を稼ぐために鍛冶屋獲得用の鉄工所を入れながら進めますが、場は鉄工所大広間がマッハで切れる展開で、これは想定外。改良で4金のカードを公領に換える形の公領公爵をイメージしておられるようでした。5-2で入って、2枚目の改良も入れたFERRYのコンボ構築もそれなりの速度でしたが、最後は2番手が3位確の三山枯らしで、地下貯蔵庫が枯れて終了。
またまた、FERRYが憮然としていたのか、2番手の方がすいませんと謝りながら「ターン渡すと(FERRYが属属して)、4位になってしまうので、終わらせました」と説明してくださいました。春の陣でも似たようなことあったし、不機嫌顔で回りにプレッシャ与えるてるのは明白ですね、、、。ほんと申し訳ない、、、。悪人顔は昔からなのでどうか勘弁してくださいまし。
ことプレイに関していえば、途中の10金、8金でパーツ集め継続してたのはFERRYなので、全く誤る必要はないですよ~という旨はなんとかお伝えできたと思いますが、やはり4位回避するために、最低でも8金の方は属州購入すべきでした。それでも、属4まで届かないと1位には追いつけない点差でしたので、やはり、逆転は厳しく、上手く立ち回っても3位止まりだったかなという感じです。

最終デッキ;祝祭x4、鍛冶屋x4、改良x2、鉄工所x1、大広間x1、役人x1、地下貯蔵庫x1、銀貨x4、銅貨x4


2戦目
 屋敷・植民地場
 薬草商、薬師、大学、弟子
 望楼、借金、大市場、ならず者、拡張、鍛造

 4人戦 3番手 23VP 2位

アクション増えるのが大学しかなく、ドローは大学望楼を繰り返すと可能ですが、グレバイをきれいに回すのは、なかなかに厳しそうなので、ならず者は、並べることを意識せず、ハンデスのためにならず者をいれて、白金貨込で植民地を取るのが良さそうです。FERRYは初期デッキ廃棄を弟子と借金に頼りましたが、ダントツの1位を取った2番手の方は、薬師から7金で鍛造を入れつつ、引き切って一気に鍛造で銅貨屋敷を廃棄する方法で圧縮されてました。銅貨廃棄した後の薬師は弟子で4ドローに使えるので、余すところ無く美味しい感じでした。
途中、弟子、望楼の山が枯れ、速いタイミングでの三山を意識しつつの対戦でしたが、みんな弟子のドローのためにポーションを切ってしまっているので、三山目が枯れないという特殊な状況でターンが進んでいきます。
FERRYも運よく9金出たタイミングで白金貨を入れて、1枚植民地を買うことができて、なんとか単独2位。やはり、白金貨は偉大。

最終デッキ;弟子x2、ならず者x2、望楼x1、薬師x1、薬草商x1、借金x1、白金貨x1、銀貨x3、銅貨x4、植民地x1、公領x2、屋敷x1、6VP


3戦目
 屋敷・属州場
 占い師、馬上槍試合、狩猟団、豊穣の角笛
 岐路、公爵夫人、画策、香辛料商人、地図職人、埋蔵金

 4人戦 2番手? 4VP 4位

占い師、馬上槍試合と、紛れの多いカードがある一方で、狩猟団というデッキの安定度を上げつつ、異なる種類のカードを集めやすいドローカードもあって、先に馬上と属州を揃えて、郎党を買った人が勝つやつですね、、、。振り返ってみると、占い師があるので、馬上槍試合のドローが緑に固定されやすく、まず属州に届くように金量を伸ばして、馬上は後からで良かったのですが、途中4金のターンにうっかり馬上をかってしまい、案の定、金貨を入れるのが遅れ、後は上家と下家が属州を買いながら、馬上と揃えるのをぼんやりみているゲームになってしまいました。
全員占い師を入れていたので、キーカードが流れてしまうのはお互いさまなのですが、それにしても4VPって、、、。途中、完全に遅れた状態だったので、ワンチャン角笛で属州複数枚取りをして、順位を挽回できないかと思いましたが、上手くいきませんでした。大会ということを考えれば、1戦目と同じく、少しでも上の順位を取れるように大会用の立ち回りをしないといけませんが、その観点から見ても、上振れしても3位どまりの可能性が高く、後追い角笛が正しかったのかどうかは、自己評価しきれていないところです。
そういえば、一番最初に馬上と属州を揃えた下家は、褒章に名馬を取っておられました。狩猟団をほとんど取っておられなかったので、デッキが回り切らないとの判断だったのかもしれませんが、郎党ではなく、何故名馬だったのか?というところを聞いておけばよかったです。

最終デッキ;狩猟団x4、馬上槍試合x2、占い師x1、香辛料商人x1、画策x1、岐路x1、豊穣の角笛x2、金貨x1、銀貨x1、銅貨x3、公領x1、屋敷x3、呪いx2

さて、ここまで3戦で4位-2位-4位の大会VP3点で、もはやベスト8には届かなくなってしまいました。とはいえ、今回の目標もまずは1勝。しっかりと勝ち点を積み上げることができるように、気持ちを切らさず戦おうと自分に言い聞かせ、4戦目に向かいます。


4戦目
 避難所・属州場
 救貧院、従者、物置、偽造通貨、はみだし者、伯爵
 石工、医者、収税吏、熟練工

 4人戦 ?番手 24VP 同点1位

伯爵ステロ、熟練工ステロ、従者救貧院あたりが見えるサプライで、従者救貧院に行く場合は、圧縮に伯爵を使うか、医者を使うか悩みどころといった感じです。
初手は2-5でした。初手5-2なら、医者の過払いも視野だったのですが、従者・伯爵から入ります。従者・熟練工、従者・偽造通貨も考えましたが、速そうな場なので、終盤の公領力に期待して、従者・伯爵を選びました。廃棄を2回して、引き切り属州+伯爵で公領獲得を組みたかったのですが、2回目の廃棄のタイミングが上手く訪れなかったので、従者で銀貨を多めに入れた、中途半端なデッキになってしまいました。廃棄を伯爵だけに頼らずに、医者を入れてもよかったかもしれません。
唯一の廃棄は、3T目、伯爵銅銅銅草茂屋敷の手札で、通常なら銅貨獲得、4枚廃棄の場面ですが、草茂屋敷で従者を引いてきたくなかったので、銅貨を戻して3枚廃棄しましたが、ちょっと消極的だったかなと思います。

最終デッキ;従者x5、石工x2、熟練工x3、伯爵x1、共同墓地x1、銀貨x8、銅貨x7、属州x3、公領x2


5戦目
 屋敷・属州場
 法貨、騎士見習い、隊商の護衛、複製、雇人
 パトリキエンポリウム、神殿、生贄、技術者、ワイルドハント
 イベント:相続
 ランドマーク:宮殿

 4人戦 3番手? 53VP 1位

銀貨・金貨は騎士見習いを成長させる過程で手に入るのと、圧縮してデッキ回転を上げたいので、神殿・騎士見習いスタート。相続は、ワイルドハントで屋敷を獲得した後に使いやすい隊商の護衛を相続しておくか、成長させてサプライに戻せる騎士見習いにするかと考えていたのですが、デッキが完成した後に生贄の廃棄材にすればよいので、結局相続はしない方針で進めることに。
ワイルドハントの枚数が欲しいサプライなので、途中4金のターンに買った複製はワイルドハントを買うタイミングのみに使いました。とはいえ、トラベラーも成長させたくて、早目に入れたワイルドハントでトラベラーを引いてしまうのは避けたい。ということで、途中1枚法貨を入れています。この法貨はタイミング良く、ワイルドハントドロー後に、トラベラーを使うのに呼び出すことができました。また、宮殿点を考慮して、騎士見習いは2枚体制で、1枚は、まわりがチャンピオンを貼るまではウォーリアーで使って、その後、ヒーローまで進化させて金貨銀貨を獲得します。他プレイヤのウォリアーで、生贄が落ちてしまったのは痛かったですが、+購入の無いサプライで、買い戻す手数が無かったので、ワイルドハントで獲得した屋敷の廃棄は神殿で行うことに。
こうして考えると、早い段階で技術者を入れて、法貨や落とされてしまった生贄をもう一枚獲得するなど、使い勝手が良かったのでは?と、感想戦で話したりしていました。
チャンピオンを貼りつつ、ワイルドハントが3枚取れた後は、属州を買いながら、屋敷が枯れるまでワイルドハントのトークンを稼ぎながらリードを広げます。構築はガバかったと思いますが、圧縮でデッキを薄くした分、中盤~後半に安定して勝利点を稼ぐことができました。

最終デッキ;ワイルドハントx3、神殿x2、隊商の護衛x1、チャンピオンx1、ヒーローx1、複製x1、法貨x1、金貨x2、銀貨x1、銅貨x3、属州x3、屋敷x2、30VP、宮殿1セット3VP


3戦目までが終わった段階で、準決勝の目はなく、モチベーションを奮い立たせるのが大変でしたが、同着1位も含めて、その後2連勝で締めくくることができたのは、多少は地力がついてきたのかなと思います。

 2013 予選 9位、本選42位
 2014 予選50位
 2015 予選12位、本選 2位、ベスト4
 2016 予選免除 、本選22位
 2017 予選36位
 2018 予選23位、本選19位

終わってみれば、決勝まで残った2015に続く、2番目の成績でした。来年はもう一度ベスト8の舞台で戦えるように、もう一度精進したいと思います。

では、みなさん御機嫌よう。FERRYはv活に戻ります。委員長~~~~っ!

[参戦記]ドミニオン日本選手権2018 一日目(午後)

みなさま、こんばんわ。FERRYです。今年もやって参りましたドミニオン日本選手権2018。今年は例年より少し早い6/23・6/24の両日、渋谷シダックスホールにて開催されました。

改めて、毎年日本選手権を開催いただいているホビージャパン様には、感謝感謝です。今年は、午前、午後とも、出場者募集枠が前年の120→80人に減っていたり、多少なりとも規模が小さくなっていることに危機感をいだかないでもありませんでしたが、午前は73人、午後は64人の参加があったそうです。毎年ホビージャパン様が発表される各ゲームの売り上げでは、依然として上位をキープしているドミニオンですが、拡張がたくさんでるに従って、たくさんのカードを覚える手間が膨大になってきた感はあります。初心者の方により興味をもってもらって、コミュニティを大きくするにはどうすればいいのか?というような議論がツイッターで交わされたりもしていました。

今回も1日目予選で同卓した方の話を聞くと、普段友達の家に集まって遊んでるとか、大学のボードゲーム部で遊んでるとか、ボドゲ会ではまって公式オンラインで遊んでるとか、いろんな方がおられました。大会に出場しようというくらいのモチベーションのある方々ですので、勝った負けたの結果とは別に、大会の緊張感だったり、上手いプレイヤーのプレイぶりに感動したり、なんらか心に刻み込んでもらえて、もっとドミニオンが好きになってもらえたなら、同じゲームを愛するプレイヤの一人として、嬉しいなと思います。

そんなこんなで、一日目の大会は、受付の15:00直前に会場入りしましたが、ちょっとビックリしたのは、3年前の会場と同じと思い込んでいたら、ビルが違ったことです。「あれ?こんな風景じゃなかったよなー?(←確信無し)とりあえず、エレベーター乗るか~。あれ?このエレベーター、5mくらい上の踊り場までしかないやん?」というトラップにはまったりしながら、戦場に到着です。後でTLで確認したところによると、このエレベータトラップにはまった方がかなりの数観測されました。

大会が終わった後に振り返ってみると、今年で6回めの参加でした。どうりで年を取るわけです。
 2013 予選 9位、本選42位
 2014 予選50位
 2015 予選12位、本選 2位、ベスト4
 2016 予選免除 、本選22位
 2017 予選36位
 2018 ←いまここ
初年度を除いて、大会登録名は実名ではなく、ハンドルのFERRYで通してきたのですが、今年は、推しの存在を主張してしかるべき絶好のタイミングであったのに、それを逃したのが悔しい。何故、美兎勢として「フェリノ美兎」という名前で登録しなかったのか、、、。悔やまれます(フラグ)。

さて、今年の予選のサプライは、基本(第2版ではない)+帝国という組み合わせでした。帝国はランドマークという勝利点を稼ぐ方法が増えたことで、考える要素もより複雑になって大好きな拡張なのですが、初見殺しとも言われる「知らないと勝てない」組み合わせがあったりしますので、有力なルートを見逃さないようにしたいところです。

各ゲームのサプライは、いのさんのブログから参考にさせていただきました。需要ありまくりの記事ありがとうございます。
xxi-noxx.hateblo.jp


1戦目
 堀、工房、金貸し、改築、祝祭
 パトリキエンポリウム、陣地/鹵獲品、軍団兵、ワイルドハント、公共広場

 4人戦 1番手 22VP 2位

たった二日でいろいろ忘れていて、記事を書く手が止まってしまう老人倶楽部一直線のFERRYです。金貸しか改築かでかなり悩みましたが、改築銅4になっても2金で取るものがあるので、改築銀で入ったと思います。が、今振り返ると5金帯のカードが強いので、金貸し銀の方が良かったのかなと思います。
鹵獲品は2枚取れたのですが、公共広場が2枚しか取れておらず、デッキの回転がいまいち。もう少し、ハッキリと村鍛冶軍団兵を目指した構築にすれば良かったのですが、2番手の方が公共広場多目でエンポリウムの2VPを稼ぎながら、どんどんとデッキを作って勝利点もリードされており、陣地/鹵獲品、公共広場、パトリキ/エンポリウムの3山がかなり明確に近づいていたので、中途半端なデッキで属州を買い始めるハメに、、、。
最後は、2番手が勝利点でリードしていることを確認しながら、三山枯らして終了でした。

最終デッキ;公共広場x2、パトリキx2、祝祭x1、軍団兵x1、陣地x1、金貸しx1、改築x1、金貨x2、銀貨x2、銅貨x2、鹵獲品x2、属州x2、屋敷x2、8VP

初戦2位は悪くない滑り出しですが、思ったような展開にならなかったのは、2周目くらいまでに相手プレイヤのデッキの狙いを読み取る力に欠けていた気がします。また、1か月ほど4人戦できていなかったのが、山が枯れる速さを見誤る要因だったかもしれません。


2戦目
 礼拝堂、村、鍛冶屋、玉座の間、研究所
 農家の市場、戦車競走、元手、大君主、城
 イベント:徴税

 4人戦 3番手 32VP 同着3位

苦手の城サプライです。初手は2-5。脳筋で礼拝堂・大君主で入ってしまいましたが、研究所の枚数が欲しいので、礼拝堂・研究所で良かった気がします。農家の市場・戦車競走があるので、圧縮からデッキを綺麗にした後、デッキを作りこんで、VPを獲得するデッキを組みたかったハズですが、1番手・4番手に構築を先行されて、途中から属州を買いに行ってしまったあたり、方針がブレブレで恥ずかしいプレイでした。属州以外に得点方法があるサプライなので、属州に方向転換しても、ゲーム終わらないんですよね、、、。デッキに銅貨が3枚も残ってるあたり、あまりの雑魚さにいろいろお察しです。
ゲームは2番手が初手から粗末な城で城ルート主張でしたが、圧縮が遅れていたので金量的にツラい感じで、幽霊城をFERRYに、華やかな城を1番手にカットされ、なおかつ、小さい城を王城の前に使い切ってしまい、最終的にFERRYと同着3位に。
1番手、4番手は、圧縮した後、玉座農家の市場で金量を出しながら、VPも獲得する同じ形の構築でしたが、1番手はカットした華やかな城で勝利点を金量に換えて、王城も枯らしながら、盤石の態勢でした。

最終デッキ;大君主x2、研究所x1、農家の市場x1、玉座の間x1、金貨x2、銀貨x3、銅貨x3、属州x5、幽霊城x1


3戦目
 地下貯蔵庫、役人、議事堂、研究所、市場
 開拓者/騒がしい村、投石器/石、神殿、資料庫、市街
 ランドマーク:墓標

 4人戦 3番手 25VP 同着2位

このゲームもいろいろ間違ってます、、、。投石器で呪いが配られる関係で、市街は全く強くないのですが、2枚も入れてしまっています。研究所買っておけば、、、。議事堂投石器のアクションが欲しかったのはわかりますが、騒がしい村を確保しにいった方が良いですね、、、。2戦目。3戦目と、何がしたいのかわからないようなデッキを作ってしまっているので、相手プレイヤとのインタラクション以前の部分で反省です。このサプライも5金が強いので、しっかり5金を出せるように組んでいく必要がありましたし、5金帯の中でも、研究所、議事堂、資料庫、(騒がしい村)をどの順番で、どう入れるか?については、もう一度おさらいしておく必要がありあそうです。
こうしてみると、同着3位、同着2位でなんとか大会勝利点を積み上げてはいますが、1VP差でどちらに転んでもおかしくない状況でした。1位が取れない展開でも、しっかりと2位確、3位確できるように、カウンティングに脳内リソースを割きたいところです。
ここまでの大会VPは、3+0.5+2の5.5点で、4戦目1位取れたとしても、12点あたりと考えられる予選ボーダーに対しては、ギリギリ足りない感じです。実際、3回戦終わった後に、「おつフェリフェリ」なネガティブなツイートしてしまうくらい凹んでいました。

最終デッキ;市街x2、神殿x2、研究所x1、地下貯蔵庫x1、議事堂x1、資料庫x1、開拓者x1、銀貨x6、銅貨x1、属州x1、公領x2、屋敷x1、呪いx6、18VP


4戦目
 民兵、庭園、鉱山、魔女、書庫
 剣闘士/大金、生贄、ヴィラ、庭師、冠
 イベント:寄付
 ランドマーク:博物館

 4人戦 3番手 78VP 1位

さて、後がない4戦目。よりにもよって寄付場で民兵があって3番手。さすがにシーキビでは、、、。とはいえ、帝国のイベント・ランドマークは知識と経験がものを言う部分もあるので、少しでもゲームVPを積み上げられる構築を考えます。
まず、ヴィラ書庫があるのでパーツさえ確保できればデッキは回せそうです。また、大量VPを稼ぐための庭師、+購入を出すためのヴィラもあって、金量は大金で出せて、アタックもあるので、はまればなんとかなりそうです。
問題は1番手・2番手がどのくらい寄付場に慣れておられるかですが、1番手は初手寄付で、あまり寄付場の経験は無さそうな感じ。2番手は銀から2T目に寄付で、寄付場の最速構築は知っておられそうですが、アタックがある場の経験は無さそう。と、上手番に民兵がいない幸運に恵まれました。ところが、自分の初手は2-5、、、。ここで、この仕打ちはツラ過ぎます~。魔女は金量が出ないので、涙を呑んでパス・民兵から入ります。4番手は民兵・銀で、こちらの思い通りの構築ができるかどうかは、この方の理解度にすべてがかかっていそうです。
3T目に民兵込み4金を引けたので、民兵銅4を残して、寄付、借金返済後、ヴィラ+剣闘士、ヴィラ、書庫、冠、魔女とデッキを作っていきます。このあたり、4番手の方の寄付が遅かったので、民兵がほとんど飛んでこなかったのもラッキーでした。
その後は、ヴィラ書庫が回り始めると、冠魔女で呪い2枚配りでまわりの手を止めつつ、大金を入れて、庭師を集めていきました。
庭師を5枚まで揃えたタイミングで、もう属州の残りが4枚くらいになっていたので、その段階で、属属屋屋を購入。庭師の+20VPと合わせて大きくリードを奪い、残りのターンも庭師打って、出来る限り屋敷を買って終了。初手2-5以外は、多分にラッキーも重なりましたが、78VPと大量勝利点を稼げたのは、狙い通りでした。
大金をめくってしまっていて、まわりのプレイヤも大金を買っていたので、まわりに書庫を入れられていると、もっと早くに属州が枯れて、間に合っていなかったと思いますが、まわりの書庫が多くなれば民兵は打たなくてよいですし、魔女がサプライにあったので、呪いを撒いて上手く妨害しながら進めることができたのが大きかったです。

最終デッキ;庭師x5、ヴィラx5、書庫x2、魔女x1、民兵x1、冠x1、剣闘士x1、大金x1、金貨x1、銀貨x1、銅貨x1、属州x2、屋敷x7、呪いx2、33VP、博物館 28VP


人事を尽くして天命を待つ。とはこの心境でしょうか、、、。大会VPは11.5点。張り出された結果表をみると、22位までが12点、23位と24位が11.5点でした。つまり、二人辞退者が出れば予選通過。辞退者が出なければ予選敗退。辞退者が一人の場合は、11.5点のうち、大会VPが多い方が予選突破という状況で、胸が締め付けられるような思いでしたが、辞退者はなんと一人。そして、4戦目の78VPがものをいって、繰り上がり突破することができました。
運営から「予選23位はFERRYさん!」と声がかかった瞬間、歓喜のガッツポーズをする傍ら、頭の片隅で「これ、美兎アピールの最大のチャンスやったやん」と悔しがっている自分のv沼な心の動きが微笑ましかったです。他のプレイヤの皆さんにも、「おめでとう」と声をかけてもらい感謝するやら、恐縮するやらでしたが、やはり予選突破は嬉しいです。

てなわけで、二日目のレポートは、また後日。

※一日目予選では、ドミニオン基本は、第1版からのリストラカードも、第2版からの追加カードも使われず、第2版からドミニオンを始めた方にも配慮したサプライになっているのは、とても良いと思いました。反面、どちらかと言うと、がっつり構築の腕前を問われるサプライが多かったなと感じました。

肉屋と言えばコイントークン、Butcherと言えば地獄突き

こんかいは委員長成分はありませんよ?

ヒロタシさんのツイートが発端となって、様々なお題に対して、ブログで攻略記事を書くという企画が始まりました。5/23 0:00時点で18人がいいね!してたので、たくさん記事が集まりそうな予感です。

そして、FERRYにいただいたお題がこちら!

肉屋ですかー。カードの効果は、こんな感じ。WIKIはこちら→肉屋 - ドミニオン Wiki*

  コイントークン2枚を得る。
  あなたの手札からカード1枚を廃棄し、その後、好きな枚数のコイントークンを支払ってもよい。
  あなたが手札のカード1枚を廃棄していた場合、
  廃棄したカードのコストに支払ったコイントークンの枚数を加えた数までのコストのカード1枚を獲得する。

ステロでも強し、コンボに組み込んでも強しのパワーカードですが、お題は肉屋そのものではなく、「肉屋で屋敷や避難所を廃棄した時に獲得するカードの判断」なので、自分のデッキ状況とまわりのデッキ状況を比較して、どう判断するか?といったところが肝になるのかと思います。

さて、判断のためには、なんらかの判断基準が必要です。屋敷や避難所の廃棄先がテーマなので、廃棄後のデッキの内容とコイントークンの保有数(残存数)を判断基準とするのが良さそうです。

閑話休題、肉屋ステロをする時に、どのくらいコイントークンを貯めて、どのタイミングで仕掛けるべきか? みなさんはどうお考えでしょうか? 6金、7金で属州が買えないところをコイントークンで補填して属州を買えるのがコイントークンの強みなので、最後の属州を取ってゲームが終わらせるタイミングで最低2コイントークン持っていたいところです(5金なら公領買えばいいですしね)。もちろん、リソース的にはぴったりコイントークンを使い切って終わるのが理想ですが、贅沢は言ってられません。

一方で、属州を枯らしてゲームを終わらせる時に総勝利点でリードを取るためには、最終ターンに肉屋で他のカードを廃棄して勝利点を獲得。かつ、残りの金量にコイントークンを足して勝利点を購入する形で、大量VPを獲得するのが強いですよね。最終ターン、肉金銀銀銅のような手札だったとすると、肉屋で金貨を改築して属州獲得+残り5金に3コイントークンを足すと属州が買えます。肉肉銀銀銅でも、4コイントークンあれば、属属できます。肉銀銀銅公の場合は、公領改築属州獲得+属州購入で9VP積み上げるのに4コイントークン。こう考えると、対戦相手にリードされていて、最後に逆転を狙う場合、コイントークンを多めに残しながら進める方法もありそうです。

また、肉屋の強さとして属州の空廃棄があります。肉銀銅属属のような、一見事故ったような手札でも、3コイントークンあれば属州廃棄属州獲得+3金5コイントークンで、属州2枚減らしてゲームを終わらせることも可能です。

と、ゲーム終了に向けて、おおよそ2~4コイントークン残しつつ、獲得/購入を調整しながら、進めていくのが良さそうです。なので、屋敷・避難所の変換先を考える際も、2~4トークンが残すことができるかどうかを目安にしてみたいと思います。裏を返すと、5コイントークン以上貯まってしまう場合は、デッキの内容を十分に強化できていないと考えてよいかもしれません。

では、まず屋敷場の変換ケーススタディから見ていきましょう。初期デッキは10枚で、平均金量は0.7です。ここでは、肉屋で3回の廃棄チャンスがあったと仮定して、初期デッキをどのように改築するかのみを検証しています。屋敷の変換先は、コイントークンを払わずに2金のカード、1コイントークン支払って銀貨、もしくは、3金のカードです。
f:id:zFERRY:20180529233111j:plain

まずは、一番多いケースであろう、2段目の屋敷を銀貨に変換する場合ですが、3回の変換後、平均金量は0.7→1.3。コイントークンは+3枚になる状態になります。コイントークン所有の目安的にも、金量的にも上積みが大きいです。
3段目は真珠採りなどの2金のカードに変換する場合です。コイントークン所有は倍増する代わりに平均金量は0.7→1.0と大きくは改善しないので、手先や開拓者など追加の1金が期待できるものや、パトリキ、地下貯蔵庫や浮浪者などデッキ回転の加速が期待できるものなど、サプライにある2金のカードによって、銀貨に変換するものと2金のカードに変換するものと、割合を調整するのが良さそうです。
4段目は3金のカードに変換するケースですが、2金のカードよりも残るコイントークンが減る分、より強い効果を期待したいところです。倉庫、夜警、案内人や地下牢などの銅貨を疑似圧縮してデッキ回転を上げるカードは肉屋と相性良いですし、青空市場の特殊効果で金貨を入れるのも強いですね。また、肉屋を使う回数を増やしたいので、採集者や見張りなどの+アクションのある圧縮カードで銅貨を廃棄するアプローチが考えられますが、ゲーム終了が早くなりがちな肉屋場では、残りデッキ周回で使える回数を考えがら銀貨と天秤にかけることになりそうです。
屋敷からの変換先ではないですが、執事銀から入るアプローチは2周目の5金率を犠牲にせずに選択の幅を増やせますし、屋敷を銀貨に変換しつつ2枚廃棄し、かぶれば肉屋の餌にもなる再建銀も肉屋場のスタートとしては魅力的です。(初掲載時から、構成と内容を変更しました。)
6段目と7段目は、肉屋が屋敷と出会わず、肉銅銅銅銅になった場合、銅貨を2金のカードに変換した場合と、廃棄せずに2コイントークン貯めた場合の比較です。こちらも2金のキャントリップの価値が2コイントークンと比べて上回るようであれば、銅貨→2金のカード変換はありかなと思います。


さて、続いて、避難所場における検討に移りましょう。

f:id:zFERRY:20180529233157j:plain

避難所の検討も、屋敷場と同じやり方で比較をするのですが、屋敷がコスト2なのに対して、避難所場の各カードはコスト1なので、銀貨に変換する場合、肉屋のプレイで獲得した2コイントークンをそのまま使い切る必要があります。すなわち、3枚の避難所を全て、銀貨に変換すると差し引き残るコイントークンは0となります。

さて、今回のお題のうち、おそらくキーになるのは、屋敷/避難所を銅貨に変換するケースではないかと思います。屋敷を銀貨に変換する場合、金量+2、コイントークン+1に対して、屋敷を銅貨に変換する場合は、金量+1、コイントークン+2となり、残りのデッキ周回で使う回数が1回しか無いと予想できるような場合には、銅貨に変換した方が、コイントークンを多くもらえる分、自由度が広がることになります。また、避難所の場合は、銀貨に変換すると、金量+2、コイントークン±0、銅貨に変換すると、金量+1、コイントークン±2と、避難所がコスト1な分、差が広がります。
特に、3枚目の屋敷/避難所を変換する場合は、ノータイムで銀貨に変換する前に、銅貨に変換する場合とどちらが得になるか落ち着いて考える必要がありそうです。

もう一つ、3枚目の屋敷の変換については、「変換しない」という選択肢も含まれます。コイントークンで属州/公領を買える確率が増えるため、仮面ステロ場やよろずやステロ場と同じく、一枚残しておいた屋敷差で勝敗が決まるケースもあり得ます。まわりのデッキのカウンティングはなかなか難易度が高いですが、ゲームが終わるタイミングでは、廃棄置き場の屋敷の枚数を数えるなど、確実にゲームを終わらせて勝利できるかどうかを確認するのが重要です。


というわけで、いろんなケーススタディを示してきましたが、「この場合は3枚目の屋敷は銅貨に変換すべき」「この場合は変換せずにコイントークンを貯めるだけにするべき」等、明確な基準を示すには至っていません。特に、避難所場の変換は、単純に銀貨に変換するだけではコイントークン不足に陥ってしまうので、2金・3金のカードも含めて、変換の判断が重要になります。草茂る屋敷を変換する場合は、廃棄時効果で発生する1ドローで何をドローできるかで変換後の購入の内容が変わってくるので山札カウンティングを意識する必要がありますし、納屋は勝利点獲得時にリアクションで廃棄する方法もあるので、無理に変換しないケースもありえます。

以上、皆さまの肉屋ライフの参考になれば幸いです。

さて、フリスクでも食べるか。

※当初、キャントリップという表現を使っていましたが、カードという表現に変更しました。

2018/06/24追加 先人様の肉屋ブログ

肉屋で屋敷を廃棄したら - ドミニオンの日々
 -あれ?依頼主のヒロタシさんのブログですでに記事が上がってましたね。1枚目銀貨で、2枚目以降銅貨という話が出ていますが、FERRYが今回考えた結果からすると、肉屋を使うのが何回目かで分かれてきそうです。肉屋が全く沈まず、3回の使用機会で毎回屋敷と出会うなら、最初の2枚は銀貨にして、3枚目はまわりの状況みて考えるという感じです。途中肉屋が沈んだり、屋敷と出会わなかったり、その時点で保有するトークンが少ない場合は、2枚目の段階でよく考えることになるかなと、、、。

肉屋考察 - ドミニオンの日々
 -同じくヒロタシさんの記事。時期的には、ドナルドの拡張発売前カードレビューに対する記事ですので、こちらの方が先になりますね。

肉屋ステロと商人ギルド・ステロについて - nk377の日記
 -続いて、nkさんのブログ。途中4金に2トークン足して、金貨を買うべきか?といった判断に関して言及されています。終盤に屋敷を銅貨に変換する点についても触れられていますね。

全盛期の肉屋伝説(肉屋ステロのすすめ) - 三月類がブログするんじゃないかな
 -ゆっくり動画でおなじみ三月さんのブログ。シンプルに避難所は銅貨にした方が良いと言及されています。他の変換先についても、FERRYの記事とは比べ物にならないくらいの物量のケーススタディが載っています。いやー、ググってみるもんですね(白目)

[参戦記]ドミニオン春の陣2nd(2018/03/25)

きりーつ、きをつけー、こんばんわー、FERRYですーー。

半年ぶりの更新になります。ここ最近のFERRYはといいますと、奥様とキングドミノや宝石のきらめきでほのぼのボドゲしたり、アズールレーンしたり、vtuberの生放送を消化するのに忙しい日々を過ごしたりしていましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 輝夜月さんの登場により、一気に認知度が広まった感のあるバーチャルユーチューバー界ですが、御多聞に漏れず、ツイッターのTLで「輝夜月やべー」という情報を得たFERRYは早口言葉回でノックアウトされ、キズナアイ親分を経て、シロイルカ先輩をへヴィーローテーションしていたわけです。そんな日々に、ついにたどり着いたのが、月ノ美兎委員長です。ハロゥイーンに学校の授業中に1時間に1回血反吐を吐くコスプレをしたとか、小学校時代校庭の雑草をフルコンプして食べたとかいう他の追随を許さない個性をおもちのvtuberさんです。

www.youtube.com

設定そっちのけの自由奔放さとにじみ出る生真面目さが同居する人柄に完全にやられてしまっているのですが、東ドミリーグでのふがいない戦いぶりに傷ついたFERRYの心がどんどん浄化されていくのがわかります、、、。

、、、。そう、ドミニオンのブログでしたね。去年の8月から東ドミリーグに参加させていただいているのですが、3部リーグ(Duchy)と4部リーグ(Estate)をいったりきたりの体たらくで、ドミモチベ向上のために参加したリーグ戦だったのですが、ちょっと心折れた感じになっていました。モチベ上がらない時は、無理しない信条なので、ぼちぼちノクターン触りながら、気が向いたらドミニオンオンラインのbot戦をしているようなダラダラとした日々。

そんな中、ながどんさんのこんなツイートが。基本2nd+帝国の大会を開催されるとのこと!

基本+帝国のフォーマットは、去年しゃべドミで経験を積みましたし、しゃべドミスイスドロー大会でも優勝したり、自分の中では得意としている組み合わせです。こ、これはいっちょ頑張ろうじゃあ~りませんか。ということで、桜の花もほころぶ三月末日、大会に参戦してきました。

過去記事でも書いてきましたし、他の方のレポにも詳しいですが、今回も水も漏らさぬ素晴らしい進行&運営でした。大会開催にあたってルールや注意事項などの説明に始まり、卓決めやサプライ発表などの情報をスクリーンに表示し、かつ、ツイッターにも情報を流すことで、混乱なく大会を進めていく様は、○○の陣開催3回目とはいえ、実にスムースでした。主催者のながどんさん、Autoさんをはじめ、運営チームの方々に、改めて感謝の意を表したいと思います。対戦結果をその場でスタッフ兼参加者の方がスマホから入力できるようなツールを作られたり、ランダマイザも他の参加者の方が開発したものを使うなど、大会を開催するサポートツールも充実していました。

さて、大会はスイスドローの5回戦。とりあえずゲン担ぎで優勝コメントを考えるも、秋の陣2017では32人中32位の堂々最下位を取り、自信喪失のマイブロークンハートですので、高望みはいたしません。目標は、最終戦まで緊張感を保つための「1勝」に設定。上振れの目標を「2勝」において臨みます。

<1戦目>
5番卓;4人戦;2番手;13VP 3位
サプライ;家臣、工房、前駆者、村、民兵、役人、研究所、剣闘士/大金、神殿、市街
イベント;凱旋
ランドマーク;壁

ランドマークが壁なので圧縮は必須。ということで、神殿に飛びついたのが大きなミス。民兵が乱れ飛ぶ展開が十分予想されるので、研究所の枚数が必須でした。市街は借金トークンが重いので構築が遅れやすくなるのと、手札3枚では2ドローしかできない可能性が高いので、ハンデスある場ではやはり研究所の方が良さそうです。5金を優先するなら、民兵銀だったなと思います。
民兵ハンデスで、手札3枚の状態から神殿で圧縮するので、全員手が伸びない感じの中、一人民兵を入れていない対面が研究所をがめて、順調に属州を買っていきます。下家は大金を入れて一発逆転を狙っているなか、FERRYの手は工房凱旋神殿デッキを組みたいのか(工房入ってる)、属州狙いにいくのか(金貨入ってる)よくわからない中途半端なデッキで終わってしまいました。いずれにせよ、研究所が1枚しか取れていない段階で構築ミスっているのですが、デッキの方針がブレてしまった1戦でした。

最終デッキ;神殿x2、村2、民兵1、家臣1、剣闘士1、研究所1、工房1、金貨1、銀貨2、銅貨2、13VP、壁のマイナス点0(デッキ14枚)。

<2戦目>
5番卓;4人戦;1番手;4VP 4位
サプライ;礼拝堂、工房、村、改築、密猟者、農家の市場、ヴィラ、元手、王室の鍛冶屋、大君主
イベント;併合
ランドマーク;塔

工房工房は全く見えてませんでした。3山で終わりそうなサプライやな~というぬるい認識しかできず、速攻三山を可能にした塔というランドマークの存在と、ヴィラ、工房、改築というカード群の存在を結び付けて考えることができていなかったので、反省しかありません。この1戦は15分かからずに終わったと思います。
1位になった下家の方が申し訳なさそうに「納得がいかないかもしれませんが」と言っておられたので、もしかしたらFERRYが憮然とした表情をしてしまっていたかもしれませんが、その時は、工房工房で1位になるにはどうしたらよいだろう?ということを考えていました。被ってもヴィラがあるので、工房工房は全くリスクの無い初手であり、パーツ争奪戦を考えると、1番手のFERRYこそが取るべき戦略でしたが、途中で礼拝堂はさんで、軽くデッキ圧縮した方がデッキ軽くなって伸びやすいかな?とも考えましたが、今回の決着を見る限り、追随する人がいる場合は、そんな余裕はなさそうです。
と、ここまで振り返った上で、FERRYの初手は5-2でした。2-5なら礼拝堂・大君主で、圧縮+村鍛冶をみつつ、工房工房の初手が見えた段階で方針変更もできたかもしれませんが、5-2の初手で悩んだ末、大君主を買ってしまいました。速攻3山が見えていれば、工房礼拝堂の初手もあったかもしれませんし、思い切って元手パスから、属州2枚購入を目指した方が、順位期待値は高かったかもしれません。村鍛冶をみてた場合でも、ヴィラ礼拝堂・大君主の方がその後の構築がしやすい初手だったかなと思います。
ゲームの終了タイミングから見ると、2~3卓は速攻三山で決着したのかな?という感じでした。

最終デッキ;ヴィラ1(1VP)、村1、大君主1、礼拝堂1、金貨1、銀貨2、銅貨2、公領1

ここまで、3位4位といいところなく、崖っぷちの心境ですが、ここは、おほほいおほほいと真言を唱えながら、1勝目指して行くぜ行くぜ~ぃ!と空元気を振り絞って頑張るのみです。

<3戦目>
8番卓;3人戦;3番手;52VP 1位
サプライ;礼拝堂、玉座の間、庭園、研究所、職人、戦車競走、農家の市場、生贄、神殿、市街
イベント;征服
ランドマーク;博物館

圧縮して、玉座研究所コンボを組みながら、戦車競走でVP取るか、農家の市場でVP取りながら属州ハイブリッドを狙う路線が見えます。博物館もあるので、できるだけ多様なカードでコンボを組みたいところ。また、コンボを組むうえで、玉座職人が非常に強力なので、早目に6金をだして職人を入れたいところ。
ゲームは、銀礼拝堂で入ったFERRYに対して、他の二人が圧縮に生贄・神殿を選んだため、構築で圧倒的に優位にたてる!と喜んだのもつかの間、問答無用で沈む礼拝堂、心の中で涙を流すFERRY。さらに、下家は3T目生贄で屋敷廃棄、4T目職人購入。上家も5T目には職人購入と順調な様子。2大会連続で最下位はまずい!と、視野が狭くなります。
しかし、そこは腐っても鯛、沈んでも礼拝堂。2枚目の銀貨を差しながら、圧倒的な圧縮速度を武器に戦車競走と玉座を中心にデッキを集めます。戦車競走の引きも素晴らしく、下家の山札から高確率で銅貨を引き当てて、VPとコインを積み上げていきます。中盤~終盤にかけては、玉座職人で山札にアクションを積み込んで、研究所でドローするというループで、危なげない展開で勝利することができました。

最終デッキ;玉座の間7、戦車競走5、研究所3、市街1、農家の市場1、礼拝堂1、職人1、銀貨2、銅貨1、属州1、屋敷1、23VP、博物館22VP(11枚)

<4戦目>
5番卓;4人戦;?番手;35VP 1位
サプライ;地下貯蔵庫、村、金貸し、山賊、女魔術師、剣闘士/大金、城、公共広場、庭師、大君主
イベント;結婚式
ランドマーク;汚された神殿

悩んだ末、初手金貸し・剣闘士で入ります。金貸しは銅貨を圧縮した後使い道が無くなるので大君主で身代わりさせたいですが、女魔術師が貼られる場では、多少アクション過多になっても、大君主で8金分のコストを支払うよりは早く構築できると思い、購入しています。また、剣闘士についても、金貸しと被っても、金貸しを公開することで、高い確率で3金出せると踏んで、エンドアクション2枚の初手を選びました。まぁ、実際に3T目に剣闘士と金貸しは被るわけですがww
序盤、5トークン乗った状態で5金を出して、公共市場+呪いと購入し、6トークンを確保する幸運にも恵まれ、ゲームを優位に進めます。呪い1枚分のデメリットは、公共市場でデッキを回せるおかげで、あまり気になりません。大君主は金貸し、公共市場に加えて、タイミングを見計らって山賊になるなど、フル稼働していました。
ゲームはVPトークンが公開情報で、属州メインで枯れていきましたので、比較的カウントしやすく、2位になった対面との点数差を常に把握しながら進めることができました。最終的には、序盤のVPトークン+序盤の山賊(大君主)で2枚金貨を落とせたこと+こちらの金貨は落とされなかったことと、ラッキーは重なりましたが、1VP差で勝利!目標としていた2勝目をあげて、意気揚々と最終戦に向かいます。

最終デッキ;大君主2、女魔術師2、金貸し1、大金1、剣闘士1、村1、金貨3、銅貨4、属州4、屋敷3、呪い1、9VP

<5戦目>
3番卓;4人戦;4番手;35VP 2位
サプライ;地下貯蔵庫、家臣、商人、鍛冶屋、金貸し、民兵、役人、市場、神殿、資料庫
イベント;大地への塩撒き
ランドマーク;砦

さて、泣いても笑っても最終戦。3番卓なので1位を取れば、ベスト8も見えてくる位置です。今回の参加者は30人(1人途中棄権)ですので、日本選手権の二日目よりは少ないですが、トップには届かないにせよ、やはりできる限り上位を目指したいところです。
さて、ここにきてアクションの増えない、砦の5点の争奪戦もあるステロ場で、ハンデスもあるという、プレイヤ間のインタラクションの強そうなサプライがきました。順番に初手の選択が行われる中で、いろいろ考えることが変わりそうですが、FERRYは4番手。上位手番の方々の選択をじっくり見ることができて、下位手番有利かなーと思っていたら、自分だけ4-3、他の方は3-4でした、、、。銀、銀、銀と購入が進んで、FERRYが一番最初に手の内をさらすことに、、、。
事前の見立てでは、民兵が跋扈するかな?と思っていたので、手札を増やすのに資料庫をみんな取りにいって、4番手の自分は資料庫の枚数を確保できないだろうと予想し、砦の点をできるだけ取りに行くために、まずは役人で銀貨取ります宣言をしました。その後、1番手、2番手が鍛冶屋、鍛冶屋と購入したことで完全に見立てが外れた形になった後、3番手の上家は民兵を取って、方針が出そろいました。
この後、FERRYのミスプレイが続いて、最初の5金で市場を買ってしまい、また、砦の点を意識するあまり、その後も金貨を優先する場面が多く、結果的に民兵の上家に資料庫をガメられてしまいます。鍛冶屋ステロに資料庫は差しにくいので、FERRYが全力カットしなければならなかったのですが、みすみす上家の独走を許してしまいました。
鍛冶屋ステロ組は、鍛冶屋が沈んでいるケースも多く、2位には滑り込みましたが、役人を取った後は、資料庫をある程度とった後、民兵を早目にさして、上家との差が広がらないようにすべきでした。資料庫の調整力で、通常よりは民兵と役人のアクション事故も回避できたかもしれません。銀貨で5VPとれれば、銅貨の5VPは上家にわたして、市場を取る手数分で公領を取るのがベストの立ち回りだったかな、、、と。無念。

最終デッキ;資料庫2、地下貯蔵庫2、役人1、市場1、民兵1、金貨4、銀貨8、銅貨8、属州3、屋敷3、砦5VP(銀貨)

ということで、3位ー4位ー1位ー1位ー2位の結果で、大会VP16点で、全体9位の結果でした。目標としていた2勝も達成できて、上々の結果と言えると思います。なにより、自信喪失の状態を脱するには、十分に勇気づけられる結果でした。
また、日本選手権へ向けて、もう一度ドミモチベを盛り上げて、いろんなドミ会に参加させていただきたいと思います。同卓する方、よろしくお願いします。

それでは、みなさん、きをつけー、ちゃくせきー、FERRYでしたー。