読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FERRY's game blog

ドミニオンとか アグリコラとか

[参戦記]しゃべドミ参戦記(01/21) 基本・帝国練習会 備忘録

さてさて、今回もしゃべドミに参加してきました。

前回のレポートはこちらです。帝国のカード効果などは、前回レポの末尾にリンクが貼ってありますので、ご参照ください~。

zferry.hatenablog.com


先日、日本語版帝国の取り扱い開始のアナウンスがホビジャ公式からありましたね!ネットショップでは2月末に発売になるようです。ドミニオン日本選手権2017が無事開催されたとして、予選の拡張に帝国が使われる下地が出来上がってきました。帝国で遊ぶ上では、「ランドマーク」という勝利点に直接的に関わってくるギミックに対する理解が肝になってきますので、ガンガン練習していきますよ!

帝国の練習環境としては、リアルカードの日本語版が2月末に発売、オンラインドミニオンのVer3(通称ステフドミ)が帝国に対応、某PCツールも対応済、某ANDROIDツールも対応済、ということで、徐々に揃ってきた感じですが、やはり、強豪プレーヤと意見を交わしつつ、帝国のカードを練習できるしゃべドミは良い機会だと思います。ドミニオンの日々の主催ヒロタシさん(@hirotashi)が月1回程度ツイッターで募集を掛けられますので、興味がおありの方は、一緒に遊びましょう。

以下の対戦振り返りは、どちらかというと暗中模索の記録なのですが、イベントとランドマークに対する自分の考えは記しておこうと思います。


サプライ その1(基本第一版+帝国)四人戦
礼拝堂・玉座の間・民兵・祝宴・鉱山
ENCAMPMENT/PLUNDER・GLADIATOR/FORTUNE・GROUNDSKEEPER・CITY QUARTER・OVERLORD
イベント;WEDDING
ランドマーク;WOLFDEN

1番手:21 VP:礼拝堂・WEDDING
2番手:18 VP:礼拝堂・民兵(FERRY)
3番手:26 VP:民兵・礼拝堂
4番手:17 VP:礼拝堂・WEDDING

WOLFDENは、ゲーム終了時、デッキに1枚しかないカードが-3点になるという恐ろしいランドマークです。呪いが1枚あると-4点。呪いが2枚あると-2点。屋敷が1枚あると-2点、公領が1枚あると0点、、、。公領1枚取るくらいなら、屋敷を取った方が点数が高くなるケースもありますし、公領を2枚取るために、早目のタイミングで公領を買っておいた方が良い場合や、デッキの構築途中で同じアクションは複数枚入れるようにするとか、ゲーム終了タイミングを見据えて、1枚しかないカードが少なくなるように獲得を考えないといけない点が面白いです。
WEDDINGは、7金出た時に金貨+1VPを取る使い方だけではなく、デッキ1周目で金貨を導入できる点が非常に大きいです。通常、礼拝堂・銀で入ると、金貨にアクセスするのにそれなりにターン数がかかりますが、3-4だと、礼拝・WEDDINGでスタートできます。一方で、4-3だと同じ動きを取れませんので、初手の購入からの駆け引きが楽しそうです。

実際の対戦は、礼拝堂民兵で入った後にOVERLORDを2枚入れる冗長な構築をしてしまったので、VPを上手く伸ばせず負け。全員圧縮から入っており、デッキが出来上がってしまえば、一気に属州が枯れる展開になる可能性が高いです。その中で8金分を2回、アクションカード獲得に費やしてしまったために、後手後手に回ってしまったなという対戦でした。OVERLORDを使うなら、初手OVERLORDで、2周目から礼拝堂として使って、場面によって民兵として使うなど、アクションはOVERLORD2枚のみにするくらい徹底すればよかったなと感じました。他のプレーヤが礼拝堂1枚なら3点分リードなので、十分ありだったのかなと、、、。



サプライ その2(基本第一版+帝国)四人戦
堀・役人・庭園・研究所・冒険者
CATAPULT/ROCKS・CASTLE・VILLA・TEMPLE・LEGIONARY
イベント;DONATE
ランドマーク;COLONNADE

1番手:36 VP:DONATE(銅5)・パス
2番手:38 VP:LEGIONARY・DONATE(LEGIONARY&銅3)
3番手:48 VP:銀・DONATE(銀&銅3)
4番手:23 VP:LEGIONARY・DONATE(LEGIONARY&銅3)(FERRY)

DONATEは8借金して、デッキ全体から好きな枚数を廃棄することができるというぶっ壊れのイベントです。アタックが無いと、THE詰将棋という感じで、序盤~中盤の行動をプログラミングできるのですが、アタックの絡む場だと、手番ゲーになりやすい面を持っていて、できれば大会などの場では出てほしくないカードですね。この対戦でも、2番手の方と同系で先にLEGIONARYwith金貨公開でハンデスをくらって、こちらは8金出ないという悲しい展開でした。
COLONNADEは、インプレイしたアクションと同じカードを購入すると、2VPもらえるというランドマークで、4人戦だと24VP分、属州4枚分の勝利点がデッキを汚さずに蓄えられるので、どうしてもランドマークを無視した構築をしにくいですね。

対戦は、VILLA、堀でCOLONNADEの得点を稼ぎつつ、LEGIONARYのアタックを堀で防いだ3番手の方が勝利。
対戦は属州ルートではなく、CASTLEルートを選んだ3番手の方が勝利。謹んで訂正いたします。そう、CASTLEも、まだまだ上手く使いこなせないギミックです。自分が買うと勝てなくて、対戦相手に買われると負けてしまうという、、、。
途中、逆転の為にと思ってCATAPULTと役人を入れて、毎ターン役人で得た銀貨をCATAPULTで廃棄して呪いを配る方向を目指したのですが、堀とVILLAが足りなくて、コンボ回らず。方向転換が遅かったです、、、。5-2が二人で、その先の展開が見えた段階で、後手番としての方針を見直す時間を取るべきでした。DONATEは大味な展開になるので、あまり触っていませんでしたが、サプライの他のカードで考えないといけない内容が変わるので、ちゃんと練習せねば、、、。



サプライ その3(基本第一版+帝国)四人戦
礼拝堂・金貸し・市場・鉱山・魔女
PATRICIAN/EMPORIUM・ENCHANTRESS・FORUM・CAPITAL・CROWN
イベント;CONQUEST
ランドマーク;KEEP

1番手:31 VP:銀・礼拝堂(銀・銅・CAPITAL)
2番手:32 VP:銀・礼拝堂(金)
3番手:29 VP:銀・礼拝堂(CROWN)(FERRY)
4番手:10 VP:銀・礼拝堂(CROWN・CAPITAL)

CONQUESTは銀貨を2枚獲得して、そのターンに獲得した銀貨の枚数分VPがもらえるというもの。封土があって、12金2購入出せればウハウハですが、その他にも、銀貨の価値が高くなる場では金貨1枚と銀貨2枚+2VPを天秤にかける必要があります。公領切れの後に、6金出てしまった時の勝利点獲得手段としても、忘れないようにしておきたいですね。
KEEPは、各財宝カードの種類ごとに、一番枚数を持っている人が、ゲーム終了時に5VPもらえるというランドマークです。銅貨、銀貨、金貨だけだと数えやすいのですが、今回はCROWNとCAPITALもあったので、それぞれでもらえる5VPが非常に大きく、購入の優先順が悩ましい対戦でした。

FERRY以外の3人が魔女に行く展開で、最終的には礼拝堂で呪いを全廃棄できたのはラッキーだったのですが、魔女対策の一環にENCHANTRESSを入れたのは微妙でした。魔女の呪い撒きのスピードは落ちるものの、不要になった礼拝堂をキャントリップにしてしまうので、トータルではマイナスだったと感じます。もう一つCAPITALでKEEPの5VPを取っていれば買っていたので、金貨とCAPITALの購入をしっかり考えて選ぶべきでした。CROWN+CAPITALが強いというのも勉強になりました。12金だしつつ、CAPITAL1枚分の借金トークンで済むのですね、、、。



サプライ その4(基本第二版+帝国)三人戦
VASSAL・HARBINGER・BANDIT・議事堂・書庫・ARTISAN
ENCAMPMENT/PLUNDER・CHARM・GROUNDSKEEPER・CITY QUARTER
イベント;ANNEX
ランドマーク;WOLF DEN

1番手:33 VP:銀・銀(FERRY)
2番手:33 VP:銀・銀
3番手:27 VP:銀・銀

WOLFDENは上で出てきたので割愛。
ANNEXは、捨て札から5枚除いて、残りを山札に加えてシャッフルする。という一見すると強いのかよくわからない効果ですが、この対戦では効果的でした。HARBINGERがあったので、捨て札のBANDITを繰り返しうちつつ、山札の残り枚数が少なくなれば、借金をしつつ勝利点のみを捨て札に残して、強い山札を作ることができるという優れものでした。同じ8借金のDONATEに比べると、効果が地味で、借金が重いのは間違いないのですが、ドロー系ステロなど、勝利点を買い始めるとデッキの劣化が無視できないような場では、使い方によっては非常に強い動きができるなと感じました。

対戦の方は、ゲーム終了の段階で、BANDITの暗躍によって、2番手のデッキに銀貨が1枚だけ残った状態になっていて、WOLFDENで-3点を喰らったために、同点1位となりました。カード廃棄アタックのある場のWOLFDENは恐ろしい、、、。



サプライ その5(基本第一版+帝国)三人戦
地下貯蔵庫・村・玉座の間・役人・書庫
CASTLE・SACRIFICE・ENGINEER・FORUM・OVERLORD
イベント;SALT THE EARTH
ランドマーク;ARENA

1番手:38 VP:SACRIFICE・OVERLORD
2番手:52 VP:銀・OVERLORD
3番手:47 VP:銀・OVERLORD(FERRY)

SALT THE EARTHは、サプライの勝利点を廃棄して、1VPもらえるイベントです。CASTLEは、カード毎に効果が異なるので、キーになるCASTLEを廃棄されると、厳しい展開になりそうです。一方で、+購入が無い場合は、1手番を邪魔だけに使うのは、デッキ成長の観点からも大きな阻害要因になるので、過信は禁物ですね。
ARENAは、購入フェイズの最初にアクションカードを手札から捨てると、2VPもらえるランドマークで、アクション事故上等で、ターミナルアクション複数枚積みする強気の構築がしやすくなります。共同墓地や貧民街など、打っても意味の無いケースでは、空打ちせずに、購入フェイズに移行する必要があります。プレイの際は、わかりやすく「購入フェイズに移って、ARENAの効果で捨て札にする」旨、宣言しようと思います。

この対戦は、属州二人とCASTLE一人に分かれました。CASTLEカットをしたりしたために、てっきり「VPトークンでリードしていて属州同数で勝ったな」と思っていたら、属州2枚少なかったでござる、というお粗末な結末でした。恥ずかしい。



サプライ その6(基本第一版+帝国)四人戦
礼拝堂・庭園・密偵・研究所・祝祭
ENCHANTRESS・GLADIATOR/FORTUNE・CAPITAL・GROUNDSKEEPER・CITY QUARTER
イベント;BANQUET
ランドマーク;MUSEUM

1番手:81 VP:ENCHANTRESS・礼拝堂
2番手:41 VP:祝祭・銅(FERRY)
3番手:59 VP:研究所・礼拝堂
4番手:49 VP:BANQUET(GROUNDSKEEPER)・BANQUET(GROUNDSKEEPER)

BANQUETは、銅貨2枚もらえて、5金までのアクションカードが1枚もらえるという、庭園の為に生まれてきたようなイベント。これまでにBANQUET庭園を実戦で試したことがなく、どのくらい速いのかを試してみたくなって、道を誤りました、、、orz
MUSEUMは、異なるカード1種類ごとに2VPという、ランドマーク版品評会です。このランドマークも、ターミナルアクションの多いサプライなんかでは、構築が難しくなるので、駆け引きが楽しいですね。

この対戦はいろいろ失礼な動きをしてしまいました。初手5-2だったので、そもそもBANQUET庭園やってる場合では無かったのですが、無理矢理庭園に行ったので、ゲームを壊してしまったかも知れません。礼拝堂あって、ドローも購入もアクションも出るウルトラコンボ場で、なおかつ、CAPITAL・FORTUNEで金量が20金、30金当たり前。の世界だったので属州側の6枚ノルマまでが速く、庭園が40点行かなかったのは誤算でした。まぁ、庭園にいくのに、初手の祝祭を素で買っているのはおかしいとか、ツッコミどころは満載だったのですが、BANQUETは工房系の様にキーカードがあれば庭園確定というギミックではないですし、物乞いの様に手札に金量を増やせるギミックでもないので、思ったよりも強くない(もしくは、銅貨と一緒にもらえる5金のカードに依存する)といった感想です。
あと、ENCHANTRESSでキャントリップ化されたGROUNDSKEEPERが、横線の下に書いてあるテキストはENCHANTRESSの無効化の対象にならないので、勝利点を買ってVPをもらえるという点が収穫でした。



サプライ その7(基本第一版+帝国)三人戦
祝宴・泥棒・研究所・書庫・市場
CATAPULT/ROCKS・CHARIOT RACE・SACRIFICE・GROUNDSKEEPER・ROYAL BLACKSMITH
イベント;ANNEX
ランドマーク;WALL

1番手:60 VP:SACRIFICE・CHARIOT RACE
2番手:21 VP:SACRIFICE・CATAPULT
3番手:45 VP:SACRIFICE・CATAPULT(FERRY)

ANNEXは上で取り上げたので割愛。屋敷が圧縮できる場では、あんまり出番ないだろうな、という感じ。
WALLは、15枚よりも多いカードは-1点になるという恐ろしいランドマーク。呪いを撒けば-2点、屋敷を買っても0点という状況で、圧縮が無い場合は銀貨も買いたくないケースがでてくるかと思います。

対戦は、WALLがある場だったので呪いを撒いた方が強いかと思ったのですが、CATAPULTは呪いを撒くまでに準備が必要なので、デッキ序盤に優位が取れず、SACRIFICEで1枚ずつ対応されてしまいました。それ以上に、デッキ外にVPを貯めておけるCHARIOT RACEが強く、さすがに圧縮ある場でCHARIOT RACEをがめられるとキツイなといった展開でした。



以上、しゃべドミ 基本・帝国練習会の様子でした!